「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

【卵巣のう腫赤裸々レポ 22】普段はイラストレーターとして活動している町田ねねこさん。今回ご紹介するのは、卵巣のう腫が見つかってから入院に至るまでのねねこさんの体験談をマンガ化したものです。

ねねこさんが入院することになったのは、思いのほか豪華な部屋で……!?

 

案内されたのは

「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

 

「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

 

「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

 

「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

 

「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

 

「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

 

「よ、よかったーー!」まさか使うとは…念のために入っていたあるものに大感謝!? #卵巣のう腫赤裸々レポ 22

 

ねねこさんの第一希望だった部屋は満室だったらしく、1泊1万6千円のすこし豪華な個室に入院することに。普段あまりお金を使わないというねねこさんですが、今回はなぜ値段の高い個室の希望を出したのかというと……。

——保険が出るから!! 自分が病気で入院することなんてないだろうなあと思いながら、保険に加入していたねねこさんでしたが、今回ばかりは入っていてよかったあと思ったのでした。

 

万が一のための備え、とても大切ですね。

監修/助産師REIKO

 


 

町田ねねこさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター町田ねねこ

    北海道在住、20代後半のイラストレーター。 自身の卵巣のう腫体験談をマンガで綴っている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶