「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

【新婚なのにチョコレート嚢胞になりました 13】26歳のイヌさんは、夫のゴリラさんと結婚! 2人の時間を満喫していたのですが、ある日、おりものに血が混ざっているのを発見。不安に思い、病院を受診したイヌさんに言い渡されたのは、思いもよらぬ病名で……。

手術を翌日に控えたイヌさんは、お風呂など身の回りの準備を済ませて病室でゆっくりと過ごしていました。手術への緊張や不安もあり、ちゃんと眠りにつけるか不安だったイヌさんは、睡眠導入剤をもらうことに。そのおかげでぐっすり眠れていましたが、夜中聞こえてきたある声で目が覚めて……!?

 

眠れない夜の始まり

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

 

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

 

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

「痛いよ…もうやめて」深夜の病室で泣き声。そこで起こっていたのは… #チョコレート嚢胞 13

 

入浴や晩ごはん、そして気がかりだった浣腸も無事終わって、イヌさんは消灯前に睡眠導入剤を飲みました。そのおかげですぐ眠りにつくことができたのですが……。23時ごろ、病室がバタバタと慌ただしくなり、「痛いよぉ……」という声が聞こえてイヌさんは目を覚ましました。

どうやら、同い年くらいの患者さんが手術を終えて病室に戻ってきたようです。「やだ、もうやめて……」と泣きながら訴える患者さんに「もう手術は終わったよ」と声をかける看護師さん。

 

手術後のリアルな会話を聞いたことで、イヌさんの眠気はどこかへ飛んでいってしまいました。自分の手術前にそんな場面に遭遇してしまったら、嫌でも自分の手術について考えてしまいますよね。

監修/助産師 REIKO

 


 

イヌさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターイヌ

    26歳のマンガ家。ブログやSNSなどで夫・ゴリさんとの日々を絵日記で綴っている。ブログ【イヌさんの絵日記】では「新婚なのにチョコレート嚢胞になりました」を連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶