急な次男の発熱と頭痛…!わが家にもとうとう波が…!?慌てて隔離し、翌日病院で検査をすると…?【体験談】

新型コロナウイルスの流行が続き、手洗いやマスクの着用など基本的な感染対策はもちろん実施していました。子どもの習い事のスイミングではスクールバスを利用すると狭い空間で密の状態になってしまうため、利用を控え、私が車で送迎。そんな中、第7波の流行では近所のお友だちなどが次々に感染していました。そしてある日、次男が発熱。ついにわが家にもその波が……!?

 

次男、急に発熱! 慌てて隔離へ…

感染は小2の次男からスタート。午前中まで元気に遊んでいたのに、お昼ごはんを食べる際、急に「頭が痛い」と言い出しました。熱を測ってみると38.6度。周りで流行していたこともあり、新型コロナに感染したかもしれないと思い、急いで2階の部屋に次男を隔離しました。

 

症状は熱と頭痛だけで、咳などは出ていない状況。次男は喘息症状が出やすいため、新型コロナだった場合、重症化しないかとても心配しました。また中1の長男や年長の娘、私も熱を測ってみましたが、その時点では平熱でした。

 

就寝時にできるだけとった対策

その日は日曜日。かかりつけの病院は休みだったため、翌日の朝に電話をかけることにしました。夜は長男と娘は一緒の部屋で寝かせ、次男の状態が急変したときに備え、私はやむなく次男と同じ部屋で寝ることに。クーラーをかけつつ2カ所の窓を15cm程開けて換気。可能な限り距離をとり、私はマスクをして就寝しました。

 

次男の翌朝の熱は38.7度。家族の熱を測ってみると、娘に37.6度の発熱がありました。病院があく時間を待ち、新型コロナ検査の予約をとりましたが、感染者が多く、PCR検査では検査が回らず、現在は抗原検査しかできないとのことでした。

 

感染確定、そして感染は家族へと…

病院に電話をかけたその日の午後に検査。結果は覚悟していた通り、2人とも新型コロナ陽性でした。咳などの症状はなく、発熱のみでしたが、痰切りの薬や解熱剤をもらって帰宅しました。すると、夕方より、今度は長男がたまに咳をし始めました。

 

その時点で発熱はありませんでしたが、うつったかもしれないと覚悟。咳もごくたまにだったので、マスクはつけさせましたが、隔離はしませんでした。しかし、夜には長男に38.5度の熱。そして私ものどに違和感を覚えるようになりました。

 

 

コロナの波はついに家族全員へ…

翌朝、私も38.0度の発熱。検査をしなくても新型コロナに感染していると思いましたが、病院へ電話すると検査を受けるように言われ、再び検査の予約をとりました。結果は予想通り2人とも陽性。

 

結局単身赴任の夫以外、家族全員が感染しました。しかし、幸いなことにみんな軽症。長男と私は咳症状が少し出ましたが、喘息症状が出やすい次男は咳症状が出ることはなく、ホッとしました。

 

 

最初に次男が発熱し、その時点で2階の部屋に隔離し、トイレも別にしましたが、結局は家族全員が感染したわが家。家庭内の感染を防ぐことは難しいことを痛感しました。しかし、家族全員が同じタイミングで感染したので、自宅待機の期間は1日のズレがあるだけで済んだことは、不幸中の幸いでした。しばらく経過後に後遺症が出ることがあるとニュースなどで聞くので、後遺症が出ないことを祈るばかりです。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:福田ひろみ

2男1女の母。3人の子どもはそれぞれ12歳、7歳、5歳で、性格は三者三様。頑固でワガママな真ん中っ子の対応に苦戦しつつ、夫は単身赴任中につき、ワンオペで子育てしている。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶