「あのねに載ったよ!」娘の作文がプリント化!しかし、プリントには衝撃の報告が…

ぺぷりさんが描く、おませな娘と自由人な息子との日常マンガをご紹介します。

娘の誕生日の夜ごはん。娘が選んだお店に行くことになりました。希望のお店に行くことができて大満足の娘。

 

それがこんなことになるとは、ぺぷりさんは思ってもみなかったのです……。

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

嗚呼、悲しき哉大人の見栄…

 

娘の誕生日が近づいてきたころ、夜ごはんどこに行こうかという話になりました。すると、娘が「サイゼリアに行きたい!」と言いました。

 

それを聞いたペぷりさんは、「誕生日だからたまには、違うところに食べに行こうよ」と娘に提案しました。しかし娘は、

 

「サイゼのミラノ風ドリアが食べたいのー!」と言って聞かないので、仕方なくサイゼリアへ行くことに。

 

誕生日当日、娘はサイゼリアに行き大満足の様子。本人がよろこんでいるなら、それでいいかなとぺぷりさんは思いました。

 

誕生日からしばらく経った後、小学校で「日頃あったこと」を報告する宿題が出されました。その中で、よかったものが毎回選ばれて、クラスのみんなに配られます。

 

そして、なんとぺぷりさんの娘が書いたものがプリントに載ったのです! 内容を確認してみると、「誕生日にサイゼリアの300円のドリアを食べてうれしかった」ということが書かれていて……。

 

それを見たペぷりさんは、変な見栄で必死に言い訳をしたのでした。

 

◇   ◇   ◇
 

ぺぷりさんは、「娘がサイゼのミラノ風ドリアが食べたいと言ったからであって、決してお誕生日ディナーがたった300円だけだなんて……」と、変な大人の見栄で、心の中で必死に言い訳をしたよう。しかし、決しておとしめたいわけではないので複雑な感情になってしまったのだとか。

 

誕生日という特別な日だからこそ、いつも行かないお店に行くのも良いですが、娘さんが行きたいと言ったところに、行くのが1番喜んでもらえそうですね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶