仲良し夫婦の私たち。でも絶対に「一緒にしない」こととは?

夫とは出会って10年の付き合いになりますが、今でもそれなりに仲良しだと思います。週末に子どもたちを寝かしつけたあと、夫婦でのまったり晩酌タイムは至福のとき。やっぱりふたりで過ごす時間は癒やされます。そんな私たちの夫婦円満のコツは、「一緒にしないほうがいい」ことは「しない」ことなんです。

仲良し夫婦の私たちが、絶対に「一緒にしない」こととは?

 

一緒に洋服を買いに行かない

夫と一緒に買い物に行くと、ゆっくり洋服を見られないことが、ストレスだった私。自分の買い物に付き合ってもらっているときは、待たせているという事実に申し訳なくなってきて集中できません。そして明らかに飽きている夫にイラッとしてしまうことも。

 

私にとってはワクワクするショッピングも、夫にとっては必要なものを手に入れる手段でしかないようで、楽しく一緒に選ぶという雰囲気ではありません。

 

逆に夫の買い物に付き合うときには、私の性格的につい口を出してしまうので、よろしくないなと感じ、お互いに個人の買い物は一緒に行かないようになりました。

 

推しの話はしない

一緒にいたてのころは自分の好きな俳優さんのことを夫にも知ってもらいたいという気持ちから、テレビに出ていると「見て! 私の好きな〇〇さんが出てるよ!」とアピールしたり一緒にドラマをチェックしたりしていました。でも夫は興味がないのか、反応がイマイチ。時には否定されることもあって「それは悲しい!」と思っていました。

 

そのため最近では、推しができても、自分の中で応援するように。夫も、昔からのお気に入りのテレビ番組は1人で楽しむようにしているようです。

 

いくら夫婦でもそれぞれが好きなものにお互いが興味を持つかはわかりません。自分が好きなものは大切にしたいので各々で楽しむようにしています。

 

愚痴は言わない

私は専業主婦のため、1日の中で話す大人は夫だけ、という日も少なくありません。1人では抱えきれないことがあった日には話を聞いてほしい、というときもありました。しかし、その日あった大変だった話を夫にしても全然共感してくれない! 「そうだったんだ」とか「こうしたらよかったね」などという、あっさりした返事や求めていないアドバイスに、なんでわかってくれないんだよー!!と余計にイライラすることも。私としては「大変だったね」というひと言をかけてくれるだけでばいいのに……。

 

このことがあり、夫に共感を求めることは諦めました。育児中の大変さは同じ状況のママたちと共有するのが一番ということに気付いたのです。夫も私に愚痴をこぼすことがないので、夫には愚痴を言ってスッキリ!と言う文化がないのかな?と思っています。

 

 

夫婦になって共に過ごす時間が長くなってくると、一緒にするとより楽しいこと、それぞれのペースで楽しんだ方がいいことがわかってきました。仲良くショッピングを楽しむ夫婦や、同じアーティストを応援する夫婦をうらやましいと思うこともありますが、私たちらしく、今後ともお互いを尊重して心地よく過ごせるといいなと思います。

 

著者/大岡むぎ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶