私の料理は食べ渋るのに、ばあばの料理は食べる息子。ふと気づいた、ばあばの料理にある共通点に驚愕…!【体験談】

息子は、離乳食が始まってから特に好ききらいもなくよく食べていたのですが、だんだん成長するとともに私の作った料理を食べ渋るように……。そんな姿を見て私は、息子のために子どもが好きそうなメニューを作り続けていましたが、なかなか食べてくれず。しかし、実家へ帰省すると、ばあばの作ってくれた料理をよく食べていたのです。

 

何でも食べてくれていた息子

息子は、離乳食が始まると特にこれといった好ききらいもなく、出された物は何でも食べてくれていたので、私は食事に関して頭を悩ますことはありませんでした。

 

しかし幼稚園に入園した3歳を過ぎたあたりから、私が作った料理を何だか渋々食べるといった様子が増えるように。なので、私は子どもが好むような料理を調べ、唐揚げやオムライス、グラタンといった子ども向けの物を作り、息子に食べさせていました。

 

一体何が好きなの?

しかしその後も、私の作った料理を食べては「これあんまり好きじゃない」と言うことが多く、私が「じゃあ何が好きなの?」と聞いても「えーっと……わかんない」と言う息子。息子が何を作ればすすんで食べてくれるのかと頭を悩ませていると、私はふとあることに気づいたのです。

 

それは、休みの日に私の実家に泊まりに行ったとき、ばあばの作るごはんを、息子はとてもよく食べているということでした。そこで、実家でよく出されていた食事内容をよく考えたところ、息子がよく食べていた物にはある共通点がありました。

 

 

びっくりした息子の好み

それは、お刺身や魚の煮付け、海藻類や貝類、さらにはほうれん草のおひたしといった、魚介類メインの純和食料理だったのです。「子どもは洋食が好きだろう」と勝手に思い込んでいた私。

 

しかし、ばあばが作った料理をおいしそうに食べる息子を見て私は、子どもであっても好みは人それぞれなのかもしれないと気付き始めました。その後、わが家でもわかめの味噌汁や魚の塩焼きといった和食メインのごはんを作って出してみると、息子は普段よりとてもうれしそうに食べてくれたのでした。

 

 

現在息子は年長になりましたが、外食時に「何が食べたい?」と聞くと、お子様ランチより刺身定食を選ぶといった少し渋い好みは変わっていません。子どもはきっとこういう物が好きなんだろうという親の先入観を別として、もっといろいろな食事を息子に食べさせてみることも大事なのかなと思うようになりました。

 


著者:小野 美穂

5歳の幼稚園男児のママ。乳児期に産後うつになり、治療をおこなう。現在は趣味のイラストを活かした仕事をしている。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶