「昼から飲んでるわ」昼酒が当たり前の義実家。実は理由があって…!?

私の義父はお酒が大好きで、結婚挨拶や遊びに行く際にはお酒を持って行っていました。喜んでもらえてとてもうれしいのですが、そんな酒好きの義父と初めて会ったときにはとても驚いて……!?

「昼から飲んでるわ」昼酒が当たり前の義実家。そこにはある理由があって…!?

 

義父の姿にびっくり

現在の夫と結婚する前、初めて実家に遊びに行った日のこと。その日は土曜日で、彼のお父さんもお休みで家にいると聞いていたため、私はとても緊張していました。彼のお母さんに挨拶をすると「奥の部屋にお父さんがいるよ〜」と教えてくれたのですが、「ごめんなさいね、お昼からお酒飲んでるわ」と言われて……。

 

その言葉に私が驚いていると、奥の部屋からお父さんの姿が……! 緊張している私とは裏腹に彼のお父さんは酔っ払っていて、とても陽気な雰囲気でした。そんな彼のお父さんの姿を見て、私の緊張は一気に消え去りました。そして、彼のお父さんは私と挨拶だけ交わすと、また奥の部屋に戻っていったのです。この初対面は、私にとってとても衝撃的で今でも忘れることができません。

 

昼からお酒は当たり前

それから彼と結婚し、義実家へ足を運ぶ機会が増えたのですが、週末に義実家に行くと必ずと言っていいほど義父はお酒を飲んでいます。聞くと、平日にしっかりと働いている義父は、お昼からお酒を飲みながら読書をするのが週末の楽しみなんだそう。

 

私の実家では「お酒は夜に飲む」ということが当たり前だったため、お昼からお酒を飲むという習慣には少し違和感がありました。しかし、義実家との関わりが増える中でだんだんと「昼酒」の理由が見えてきたのです。

 

親戚が集う家

実は、義実家は昔から親戚同士の関係が深く、頻繁にみんなで集まって昼から食事やお酒を楽しむのが習慣だったのです。義母から「私も最初、ここの親戚たちが昼からお酒を飲むのに驚いたよ」という話を聞き、「義母が結婚したころも、親戚で集まって、昼からお酒を飲んでいたんだな」と思いました。

 

私も最初はこの習慣に驚いたものの、週末になると誰かが遊びに来ていて、みんなでお酒を飲んだりごはんを食べたりしている賑やかな義実家が、今では楽しいなと思うようになりました。

 

 

親戚同士が遠方に住んでいて、集まるのも年に数回程度の私の実家と義実家の違いに戸惑うこともありました。しかし、今ではそんな環境にもすっかり慣れて、賑やかで楽しいなと思っています。家庭によって、こんなにも違いがあるんだなぁと感じた出来事です。

 

著者/みどりここな
イラスト/sawawa

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶