「私の症状、もしかして…」思い当たる節がちらほら。ネットで見かけた言葉にハッとして…

私は大学生になって初めて、PMS(月経前症候群)というものを知りました。PMSの期間はとてもしんどいのですが、向き合い方を変えてみるととてもラクになって……!?

「私の症状、もしかして…」思い当たる節がちらほら。ネットで見かけた言葉にハッとして…

 

「私の症状、もしかして…」思い当たる節がちらほら。ネットで見かけた言葉にハッとして…

 

心身ともにしんどい時期

私は大学進学を機に、地元から離れひとり暮らしを始めました。最初のころは、大学の講義やひとり暮らしに慣れることに必死で、生理のつらさを感じる暇もないほどでした。

 

しかし、パートナーができて楽しい日々を過ごしていたあるとき、生理前になると気持ちが落ち込んだり、食欲が止まらなかったりと、体に異変を感じるようになったのです。情緒不安定で思わずパートナーに当たってしまうこともあり、そんな自分を情けないと思っていました。

 

PMSを知る

そんな悩みを抱えながら、ある日インターネットを見ていると、PMSという文字を目にしたのです。「PMSってなに?」と思った私は、すぐにインターネットで詳しく調べてみることに。

すると、そこに書かれていた内容が生理前に現れる症状とよく似ていて……。情緒不安定、不安、眠気、集中力の低下、過食、頭痛など、そんな症状に悩んでいるのは私だけじゃないのだと安心した私は「PMSだからイライラしてしまうのは仕方ない」と割り切って考えたり、生理前は無理せずゆったりと過ごすようになったりしました。

 

パートナーと一緒に乗り越える

そして、PMSのことをパートナーにも話しておいたほうがよいだろうと思い、PMSと自分の症状についてパートナーに話してみることに。パートナーは私の話を真剣に聞いてくれて、これから生理前はどのように過ごすかを一緒に考えてくれました。

 

今では、「生理前は気持ちが不安定になりイライラすることもある」ということをあらかじめ正直に伝えておくようにしています。PMSをひとりで乗り越えようとしていたころは大変でしたが、パートナーも協力してくれている今は、気持ちにも少し余裕をもって過ごすことができています。

 

 

つらいPMSの期間中でも、パートナーが寄り添って話を聞いてくれるだけで、私は気持ちがラクになりました。これからもPMSとうまく付き合いながら生理を乗り越えていきたいです。

 

著者/橋山 楓
イラスト/しお
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶