【ママの体験談】食物アレルギー?1時間ほどで消える発疹の正体は?

2017/12/28 23:00
0
わが子は食物アレルギーはない。そう思い込んでいた2歳のある日、突然のじんましんに襲われました。おなかや背中に虫刺されのような赤い発疹がボツボツが。じんましんに気付いてから1時間ほどすると、自然に消えていきました。そのときの体調や消化のされ方など、さまざまな要因が絡み合ってじんましんが出ることもあると医師から言われました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ
病院
アレルギー

 

わが子が0~1歳ごろまでは食物アレルギーを心配していた私ですが、今では口にしたことがない食べ物が何なのかさえ分からなくなっています。今までは問題なかったので、さほど気にしていませんでした。そんなある日、突然のじんましんで悩まされた体験談をお伝えします。

 

2歳で初めてのじんましん

わが子に食物アレルギーはない。そう思い込んでいた2歳のある日、突然のじんましんに襲われました。おなかや背中に虫刺されのような赤い発疹がボツボツ。初めて見る症状に不安が募るものの、本人はいたって元気でした。

 

じんましんに気付いてから1時間ほどすると、自然に消えていきました。おさまったので気にしていなかったのですが、忘れたころにまた同じような症状が現れたんです。これはいったいなんだろう……と悩まされました。

 

体調の変化も関係する!?

1回目のじんましんが出たときに食べたものは「さんまの蒲焼」。過去に何度も食べたことのあるメニューでした。2回目は「サバ」。これも初めてではありません。これらの情報を小児科医に伝え、相談することにしました。

 

小児科医が教えてくれたこと、それは「じんましんが出たからといって、すべて食物アレルギーとは限らない」ということです。そのときの体調や消化のされ方など、さまざまな要因が絡み合ってじんましんが出ることもあるのだとか。


自己判断で安易な除去は禁物

受診するまで、疑わしき「さんまの蒲焼」と「サバ」は、わが子に与えていませんでした。これがアレルギーの原因になっているかもしれないと決めつけていたからです。しかし受診をしたところ、食物アレルギーの可能性は低いことが分かりました。

 

安易な自己判断での除去によって栄養バランスが損なわれる危険性もあります。気になった時点で病院を受診すべきだったと感じました。今となっては、さんまの蒲焼やサバを食べてもじんましんが出ることはありません。

 

 

1時間ほどで消える発疹であれば様子を見てかまわないと言われましたが、原因が分からないとこわいですよね。なかには風邪などの感染症が原因で発症することも。少しでも不安だなと感じたら、受診しておくと安心だと思います。(TEXT:ママライター 田中由惟)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。