「あ…くせ…い?」コブは悪性か良性か…摘出しないとわからないと言われ… #コブ婚 18

【コブを取って結婚した話 第18話】2015年に結婚し、2017年に息子さんを出産したホニャララゆいさん。このお話は、ゆいさんにいつの間にかできていた「コブ」が旦那さまとの結婚のきっかけとなるという、なんとも不思議な馴れ初めストーリーです。

いつの間にか首にコブいつの間にかできていた首のコブ。大きくなった自覚もあり、不安だったものの、忙しさで意識しなくなっていました。そんなある日、今まで痛くもかゆくもなかったコブにチクッと痛みを感じ、再び不安に襲われていたゆいさん。上司のホニャララさんにも促され、病院へ行くと、現れたのは国宝級イケメン医師! そして彼は、ゆいさんのコブの正体を「顎下腺腫瘍です。一般的には、半分は悪性の…」と告げたのです。

 

コブを取って結婚した話 第18話

 

コブを取って結婚した話 第18話

 

コブを取って結婚した話 第18話

 

コブを取って結婚した話 第18話

 

コブを取って結婚した話 第18話

 

医師から「一般的に、顎下腺腫瘍の半分は悪性」と言われ、動揺を隠せなかったゆいさん。ただ、医師は「今のところ良性だと思われますが」と続け、ゆいさんは一瞬ホッとしました。しかし「そのままにするのはよくない」「良性でも悪性でも薬では治せず、摘出手術が必要」「良性か悪性かの確定は、摘出してみてから」と言われ、動揺したまま、顎下腺腫瘍の摘出手術について説明を受けました。

 

医師もこう言うしかないのでしょうが、「悪性か良性かは提出してみないとわからない」って言われると、不安になりますよね。朝から受診して、その日のうちに「治療方法は手術しかない」と告げられるだけでもショックが大きいのに……。医師の説明はまだまだ続きます。

 


 

ホニャララゆいさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターホニャララゆい

    四国出身・関西在住の在宅ワーカー。2017年生まれの男の子を育てている多趣味なママです。子どもの日常マンガなどをInstagramで投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶