「またやりたい」夫のご機嫌取りまでさせられていた妻。後悔した夫がやりたいこととは? #僕と帰ってこない妻 428

「僕と帰ってこない妻」第428話。家族を顧みない自己中な夫に愛想を尽かし、離婚を決意し家を出た妻。しかし、心を入れ替え娘のお世話するようになった夫を見て、妻は自宅へ戻ることを決断し、再び3人での生活が始まった。

夫は休職し、娘のお世話はもちろん、家事も引き受けワンオペに。妻は就活を始めた。

以前は「家事と育児だけなんだから、仕事よりラクでしょ」と思っていた夫。しかし実際ワンオペ家事育児は、思い通りにいかないことだらけだった。

 

家事が終わらないまま夜を迎えてしまったことを謝ると、妻は笑顔で優しい言葉を返してくれた。きっと、「わかるよ」「大変だったね」なんていう、かつて自分が欲しかった言葉をかけてくれているんだろう。

 

「ちゃんとやらなきゃ」と思っているところに、さらに追い詰める言葉をかけられ、子どもの機嫌を取りながら、夫の機嫌まで気にして生活しないといけなかった、妻のストレスは相当なものだっただろう。後悔を胸に、夫は妻にある提案をした。

 

夫がやりたいこととは?

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「僕と帰ってこない妻」第428話

 

「あれ、またやりたい!」

 

娘が生まれる前に、毎日その日にあったことを報告しあう、ちょっとした時間を設けていた。毎日5分ずつ、どんな一日だったか共有を再開した。

 

このたった5分の時間で、お互いの大変さや思いを知ることができる。

共感してもらえたり、相談できるだけで、心に余裕が生まれた。

 

3人暮らしを再開したあと、関係は良好だった夫と妻。夫婦関係がギクシャクしていたあのとき、この時間が持てていれば、関係は悪化しなかったのかもしれないと後悔しつつも、「離婚」という核心について、夫はまだ妻へ聞けないままだった。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    50 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      ゆきほさん子育てに向いてないんじゃない?
      同じくらい稼げるなら、カズ君が主夫した方が円満な気がする
      +49 -16
    • 通報
      そもそも転職活動する理由って?
      離婚に向けて、収入を確保するためじゃなかったの?
      保育園も確保してないのに、仕事探してさ。いつまでカズ君は休職してワンオペ?
      モヤモヤするマンガだな。
      +61 -40
    • 通報
      ん?今日のタイトルの夫のご機嫌取りまでさせられていた妻?って何?
       妻のご機嫌取りばっかりしてたうわべだけの夫が愛想尽かされた話じゃなかったん? 
      話変わってない? 
      +39 -48

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶