【ママの出産体験談】私が感じた前駆陣痛と陣痛、後陣痛の痛み

2016/12/26 08:00
10
前駆陣痛は、生理痛のようで10分間隔でしたが1時間後には消えてしまうような痛みでした。本陣痛はどんどん強くなる痛みでした。初めての出産の時は会陰の痛みが強かったのですが、2人目の時は後陣痛が強く、ギューッと締め付けられるような痛みに耐えられず、痛み止めを服用しました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
産後
陣痛

 

出産に関連する痛みって陣痛ばかり注目されますが、前駆陣痛、陣痛、後陣痛と、陣痛と名の付く痛みが実は3つもあるんです。私は出産を経験するまでまったく知りませんでした。私が体験した3つの陣痛についてお話しします。

 

思わせぶりな「前駆陣痛」

私の前駆陣痛は、出産日の2週間前に発生しました。夜、生理痛のような痛みがあり、痛みの間隔を計ると10分間隔。2人目だったので、陣痛に違いないと夫に伝え、様子をみましたが、1時間後には痛みが消失していました。

 

その日から毎晩痛みがあり夫に今度こそ本物だと宣言していました。出産の2日前からは足の付け根がつったように痛むことがあり、今思えばそれが出産が近いサインだったのだと思います。

 

 

前駆陣痛だと思ったら「陣痛」だった!

2週間も繰り返された前駆陣痛の影響で、陣痛も前駆陣痛だと思い、時間を計りつつどんどん強くなる痛みにも、「違う違う、陣痛じゃない」と、布団の中で耐えていました。

 

しかし、「破水?いや尿漏れかも?」と感じるものがあり、病院に電話。夫には「尿漏れだったら笑いながら帰ってくるね」と伝え、1人で病院へ向かいました。結局そのまま出産となり、前駆陣痛ではなくそれが陣痛でした。危うく自宅で出産となるところでした。

 


経産婦の方が痛い!「後陣痛」

1人目のときは下半身が痛くて歩くのも座るのもつらく、ごはんも立って食べていたくらいでした。ところが、2人目のときは会陰の裂け具合が少なかったようで、下半身の痛みをあまり感じず、出産後のハイテンションで少し浮かれていました。そんな私に言いたい。後陣痛は経産婦の方が痛いということを!

 

子宮がギューッと締め付けられるような痛みに耐えられず、病院から処方された痛み止めを服用しました。

 

 

出産前後だけでもこれだけの痛みに耐えて、赤ちゃんを産んでいるということを世の中の男性に強く訴えたいです。前駆陣痛と陣痛の違いがわからないのかと夫に呆れられましたが、ぜひ夫にこの痛みを体験してもらいたい気持ちです。(TEXT:村上八重美)

 

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。