「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

【コブを取って結婚した話 第24話】2015年に結婚し、2017年に息子さんを出産したホニャララゆいさん。このお話は、ゆいさんにいつの間にかできていた「コブ」が旦那さまとの結婚のきっかけとなるという、なんとも不思議な馴れ初めストーリーです。

いつの間にかできていた首のコブ。ある日、今まで痛くもかゆくもなかったコブにチクッと痛みを感じ、不安に襲われていたゆいさん。上司のホニャララさんにも促され、病院へ行くと、現れたのは国宝級イケメン医師! そして彼は、コブの正体を「顎下腺腫瘍」と告げ、治療法は摘出手術のみ、摘出しないと良性か悪性かは確定できない、手術で顔面麻痺などの後遺症が残ることもあると言うのです。診察後、ホニャララさんに不安な胸の内をつい涙ながらに話してしまったゆいさんが、暗い雰囲気を変えるために「麻痺が残っても嫁に行けますかねー」と言うと、彼から「そのときは…俺がもらいますよ!」とまさかの言葉が飛び出して……。

 

「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

 

「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

 

「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

 

 

「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

 

「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

 

「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

 

 

「確…定…かぁ」信じたくなかった!改めて告げられたコブの正体に思わず… #コブ婚 24

 

「コブの正体は顎下腺腫瘍」「顎下腺を全摘」「全身麻酔のリスク」など、自身のコブについて医師から怒涛の説明を受けた診察から1週間。ゆいさんは、再び耳鼻咽喉科を訪れていました。医師にこの1週間でコブに変わりはないか、状態を確認され、ホッとひと息ついていると「先週、検査した結果ですが……」と医師が切り出しました。そして「やはり(コブは)顎下腺腫瘍」で「今のところ良性」と告げられたのです。手術の内容やリスクを説明されて、この日、ついにゆいさんの手術日が決定しました。

 

先日の診察を受けて、自身のコブについて少し覚悟ができていたはずのゆいさん。しかし、はっきりと病名を断言されてしまうと、思わず手を強く握りしめてしまうほど、心がざわついたのです。摘出するまでわからないと言われてはいますが、「今のところ良性です」という言葉を医師から聞くことができて、ひとまず安心しました。

 


 

ホニャララゆいさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターホニャララゆい

    四国出身・関西在住の在宅ワーカー。2017年生まれの男の子を育てている多趣味なママです。子どもの日常マンガなどをInstagramで投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶