「まるで魔法の言葉!?」なんでも思い通りになる!娘が使う「宇宙語」とは

体が糖分でできている主婦・まろさんの絵日記。白米がデザートの旦那くん、旦那くんと同じ顔の2020年生まれの娘・メメちゃんとの日常をお届けします。今回は娘・メメちゃんが幼少期によく言っていたある言葉についてご紹介します!

娘の魔法の言葉

娘は「あぴ」という言葉を高頻度で使っていて……。
 

まろ

 

まろ

 

まろ

 

まろ

 

まろ

 

まろ

 

まろ

メメが宇宙語を話していたのは1歳のときの話なのですが、「あぴ」の記録を残しておきたくて描きました。(途中私のアテレコも入ってますが)


お店で「あぴあぴ」一生懸命言ってるのかわいかったです。

 

もうたくさんお話ができるようになって、もう「あぴ」が聞けないのがちょっと悲しいです……。

 

「あぴ」という単語を連発していた、メメちゃん。まろさんによると、「もう一回」という意味なんだとか。

 

みんなのお子さんも、メメちゃんの「あぴ」のような口ぐせはありましたか?

 


 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまろ

    2020年生まれの女の子・メメちゃんのママ。Instagramで娘との日常や家族のことをマンガにしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶