「女のくせにみっともない!」これって恥ずかしいもの?父の言葉にモヤモヤ。しかし夫の反応は

【わが家に生理用品コーナーができた話】ある日、マンガ家の枇杷かな子さんの家のトイレに設置された手作りの棚。それは「トイレをするときに、必要な物を座ったまま取れるように」という夫の思いやりから設置されたものでした。棚の中には、枇杷さんの生理用品コーナーもあって、枇杷さんは夫の思いやりに感謝したのですが、同時に学生時代に感じていた生理についてのモヤモヤを思い出して……。

 

夫がつくったのは

「女のくせにみっともない!」これって恥ずかしいもの?父の言葉にモヤモヤ。しかし夫は…

 

「女のくせにみっともない!」これって恥ずかしいもの?父の言葉にモヤモヤ。しかし夫は…

 

「女のくせにみっともない!」これって恥ずかしいもの?父の言葉にモヤモヤ。しかし夫は…

 

 

「女のくせにみっともない!」これって恥ずかしいもの?父の言葉にモヤモヤ。しかし夫は…

 

夫がつくってくれたトイレの棚を見て、枇杷さんが思い出したのは、学生時代に実家で感じた生理のモヤモヤでした。当時、枇杷さんの実家では生理用品は見えない場所に隠されていたのだそう。さらに、うっかり家の中でナプキンを落とすと、それを見た父が「あんなの落として恥かしくないのか? みっともない!」と激怒。「生理は恥ずかしいものだから隠すべき」と言われているように感じて、そんな父の態度に枇杷さんはモヤモヤしてしまったのです。

生理用品は、女性にとって大切な必需品。周囲に見られたくない・知られたくないと思う人もいるかもしれません。しかし、生理を「恥ずかしいもの」「隠すべきもの」だと、他人に押しつけることはしたくないなと枇杷さんは思ったのです。

夫が枇杷さんを思って設置してくれた生理用品コーナーのある棚。当時、父には理解してもらえなかったけれど、夫の生理への理解と気づかいが感じられる棚に、枇杷さんはとてもうれしくなりました。生理のつらさや大変さを男性にすべて理解してもらうことができなくても、寄り添ってくれる気持ちが感じられるだけで心が温かくなりますね。

 

監修/助産師 松田玲子

 

 

■書籍情報


 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター枇杷かな子

    創作や日々の心に残った出来事や思い出をマンガにしている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶