「えっ、毛がない部分に?」印象激変!目からウロコの眉メイク術とは…

【今っぽい平行眉のつくり方】マンガ家の吉川景都さんは「平行眉が変、奥二重・一重でアイシャドウが見えない、ファンデが午後に落ちる」など、自身のメイクに悩んでいました。そんな彼女に現役の美容部員が目からウロコのメイクテクニックを伝授——!?

今回、眉メイクに悩む吉川さんは、簡単にできる今っぽい「平行眉」のつくり方を教わることに!

 

眉メイクで印象激変!

「えっ、毛がない部分に?」印象激変!目からウロコの眉メイク術とは…

 

「えっ、毛がない部分に?」印象激変!目からウロコの眉メイク術とは…

 

「えっ、毛がない部分に?」印象激変!目からウロコの眉メイク術とは…

 

吉川さんは、近ごろマスクをする機会が増えて、表情が隠れてしまうことで、周囲に「怒っているように見られる」と悩んでいました。その悩みを美容部員をしている友人のパンダさんに相談すると、眉毛の描き方を変えるというアドバイスが!

吉川さんはこれまで「自眉に沿って眉ラインを引く」メイクをしていましたが、パンダさんのアドバイスは「眉間側の眉のスタート位置から、真横にラインを引き、眉尻を下げる」というもの。そして、平行に引いたラインから、はみ出してしまった自眉はカットしたり剃ったりして整えます。パンダさんのアドバイス通りに眉メイクをしてみると、キリッとした印象からやわらかい印象になって吉川さんはびっくり! 今っぽい素敵な眉毛に仕上がりました。

パンダさんによると、眉毛を抜くと、生えてこなくなることもあるそうなので、基本的に眉毛は抜くのではなく剃ったりカットするのがおすすめだそうですよ。

 


 

書籍情報

『メイクがなんとなく変なので友達の美容部員にコツを全部聞いてみた』
著者:吉川景都・BAパンダ
発行・発売:ダイヤモンド社

 

 

©️吉川景都・BAパンダ/ダイヤモンド社

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • 連載 メイクがなんとなく変なので友達の美容部員にコツを全部聞いてみた
    最新話が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ
    \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター吉川景都・BAパンダ

    美容部員BAパンダとマンガ家の吉川景都です。世界一ゆるくて世界一役立つ美容マンガ『メイクがなんとなく変なので友達の美容部員にコツを全部聞いてみた』(ダイヤモンド社刊)吉川パンダメイク本を発売中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶