「こっちに来るな!」子どもと散歩中、いきなり怒鳴ってきた高齢者。帰宅後に判明した真相とは!?

小学生の長男と年中の次男を送り出してから、1歳の娘と散歩をすることを楽しみにしている私。次男が通っている園の近くの公園に寄っていくこともありますが、家の近所を歩き回る日がほとんどです。今の家には引っ越してきたばかりなので、ご近所に顔を見せるという意味も込めています。高齢者が多い地域ということもあり、かわいがってもらうことが多い娘。しかし、その日は違いました。

気まぐれな楽しい探検ごっこ

その日は、娘の気が向くままに歩く探検ごっこをしていました。自宅のまわりの住宅街を抜けて、畑が並ぶ川沿いの道へ。季節の花や畑の野菜、虫や鳥などが見られる、わが家の子どもたちのお気に入りの散歩ルートです。

 

いつもは目印にしている木で道を引き返して帰るのですが、その日は、さらに先まで歩きたがる娘。私も「この先はどうなっているのだろう?」と気になっていたので、進むことにしました。

 

「来るな!」いきなり怒鳴られて…

引き続き川と畑の風景は変わらず、そろそろ引き返そうと思い始めた私。少し先の畑で作業をしていたおじいさんが、顔を上げて私たちのほうを見ているのに気が付いたので、会釈しました。すると、「こっちに来るな!」と怒鳴るおじいさん。いきなり知らない人に怒鳴られた娘は大号泣。

 

私もびっくりしましたが、「すみませんでした!」と逃げるように娘を抱きかかえて家に帰りました。「あのおじいさん、子どもが嫌いなのかな? 作業中に騒がしくて怒らせちゃったかな?」とモヤモヤする私。しかし、どこのお宅の人かわからないので、「今後はいつもの木で引き返すようにすればいいか」と割り切ることに。

 

 

そんな理由があったなんて!

その日の夕方、近所の顔見知りのおばあさんがわが家に来ました。「今朝はごめんね。びっくりしたでしょう」と言うので話を聞くと、おばあさんは怒鳴ってきたおじいさんの妻とのことでした。おばあさんの話では、おじいさんはあのとき畑に薬を散布していたので、万が一、子どもが吸い込んだら大変だと思って、つい大きな声がでてしまったそう。

 

最後におじいさんから娘に、とお菓子がたくさん入った袋をいただきました。「俺が行くと怖がらせるからって、しょんぼりしちゃって。また見かけたら声かけてあげてね」とほほ笑むおばあさん。私はしょんぼりしているおじいさんの姿を想像して、ほっこりしてしまいました。

 

 

おじいさんは子どもがきらいだから怒鳴ったのではなく、守ってくれたのだとわかりました。後日、お菓子のお礼も兼ねて、私と娘はおじいさんの畑まで歩くことに。私たちに気が付いたおじいさんは、ニコニコと駆け寄ってきてくれました。第一印象は怖かったけれど、今では娘や上の子どもたちも大好きな、近所のやさしいおじいさんです。

 

 


著者:安藤 はるか

小2、年中の男の子と1歳の女の子のママ。カラーセラピストとしてお悩み相談のサービスを運用中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶