【イタリア在住ママのXmas】イタリアにはクリスマスケーキがない!?

2016/12/24 10:00
8
クリスマスイブは、イタリアではキリスト誕生の前夜祭です。カトリックの人々は魚料理を食べます。サーモンや干した鱈を使ったメニューが一般的です。25日は、お昼から長い食事会が始まります。生クリームたっぷりのクリスマスケーキはなく、「パンドーロ」や「パネットーネ」といったシンプルなお菓子を食べます。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
クリスマス
体験談

 

こんにちは。ママライターの林りさです。私はイタリアで暮らしているのですが、イタリアのクリスマスは想像とはずいぶん違っていました。

 

クリスマスイブには魚を食べる、クリスマスケーキがないといった驚きの習慣を体験談を交えながらご紹介します。

 

クリスマスイブには魚料理を食べる

 

クリスマスイブは、イタリアではキリスト誕生の前夜祭です。カトリックの人々は魚料理を食べます。サーモンや干した鱈を使ったメニューが一般的です。メインデッシュは七面鳥か鶏のオーブン焼きだろうと思っていましたが、違いました。

 

25日は、お昼から長い食事会が始まります。前菜、パスタ、メイン、デザートを何時間もかけていただきます。25日にはひき肉のラザニアやお肉のローストが出てきます。

 

「パンドーロ」は金色のパン

 

デザートにはティラミスを食べたいと思っても出てきません。食後にいただくのはケーキではなく、パンです。

 

「パンドーロ」は金色のパンという意味で、卵やバターを使っているため、金色ではありませんがきれいな黄色です。星の形をしているのが特徴で、スポンジケーキに似ていますが、生地が粗くデニッシュに近いです。粉砂糖をかけると雪が降ったように見えます。

 


「パネットーネ」はドライフルーツ入り

クリスマスの代表的なお菓子の2つ目は「パネットーネ」です。ミラノ発祥のパンで、ドライフルーツやチョコチップが入っています。発酵して膨らんでいるのでドーム型をしています。

 

クリスマスが近づくと、スーパーでは「パネットーネ」と「パンドーロ」が山積みになっており、お歳暮のようにお世話になった人や友人、親戚に贈ります。

 

 

日本のお菓子は甘さ控えめですが、イタリアのお菓子はとにかく甘いです。クリスマスにはキリストの誕生をお祝いして、ごちそうが振舞われます。南イタリアでは、食べきれないほどの料理がテーブルに並びますよ。(TEXT:ママライター林りさ)

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

イベントの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。