記事サムネイル画像

たるんだ顔は「眉マスカラ」で3D化が正解!メイク下手でもパパっときれいになるプチプラコスメ

私は長年“オトナ女子ファッション”の書籍を制作してきました。そこで知り合ったヘアメイクさんに昔、「45歳を過ぎるとそれまで“老化”を感じていなかった人ですら感じるようになる」と聞いたことが。見事45歳を過ぎると重力に負け始め、皮膚がたれ、顔の凹凸がなくなってきました。ツヤとハリもなくなり、血色もダウン! だからこそメイクの力を借りて再生させるべく、アラフィフの執念で探したテクいらず、お金いらずでできるメイク用品をご紹介します!

 

簡単!眉マスカラで眉をなでるだけ

今、世の中には美容情報もコスメ情報もあふれています。しかし、雑誌に載っているアラフィフコスメなど高くてとてもじゃないけれど買えません! アラフィフと言ったらまだまだ家のローンに車のローン、子どもの学費に塾代などいろいろなことでお金が出て行く世代。自分のコスメだけなどになかなかお金をかけられません。

 

なので私もドラッグストアで買えるコスメしか買いません。「え~! あれって女子高生が使うコスメブランドじゃない?」と言われようが、いいのです! おばさんだってウン十年前、女子高生でしたから(笑)!

 

それに今のプチプラコスメ、昔で言う「安かろう、悪かろう」などどこ吹く風。品質も良いので、安心して使えます。しかも、今回ご紹介する「キャンメイク カラーチェンジアイブロウ」(550円・税込み)は眉マスカラで、タレントさんや撮影現場で活躍するヘアメイクさんでも使っている人が多い名品。

 

キャンメイク カラーチェンジアイブロウ<眉マスカラ>

 

本来は“アイブロウやペンシルで眉の輪郭を取ったあとで、眉マスカラを塗るのが正しい使い方。しかし、私みたいなメイクにおけるペン使いや筆使いが恐ろしいほど下手な人にとって、ペンシルや筆を使って自分の眉の輪郭をきれいに取るなんてこと、至難の業なんですね。そこで、この「眉マスカラ」1本に頼ることに!

 

メイク下手な私が編み出した眉の描き方をお伝えします。まずは眉ブラシ(100円ショップのものでOK)で眉毛をとかし、毛の流れを整えます。この作業、一見意味がないように思えるかもしれませんが、毛並みが整っていない眉毛にいきなり眉マスカラをつけるとびっくりするほどうまく描けないので、必ずこのとかす作業はしています。

 

次に眉マスカラを出し、ブラシの部分を軽くティッシュオフしたら、眉頭から眉じりに向けてなでるだけ。鏡を見ながら、“地肌を埋めるように”塗っていきます。眉頭から眉の真ん中くらいまではブラシ全体を使い、眉じりに近づくにつれブラシ先だけを使うようにすると、メイク下手の私でもきれいに描けます。

 

 

朝のごみ出し前にもパパッとできる

眉マスカラを塗った女性

 

何しろ“毛をなでるだけ”でほぼメイク完了なので、時間もかかりません。だから、朝のごみ出し前の“瞬間メイク”も可能。今の時代、目から下はマスクで隠れちゃいますから、普段の生活の中ではこの眉マスカラさえ塗っておけばもう十分ですよね!

 

メイクじょうずさんたちから見たら、「眉の輪郭がボヤけていて美しくない!」と言われてしまうかもしれませんが、私レベルの凡人はこの程度で大満足です(笑)!

 

眉マスカラの色は全部で6種類。マロンブラウン、ココアブラウン、モカベージュ、アッシュブラウン、ナチュラルブラウン、サクラブラウン。王道で使いやすいのはココアブラウンかナチュラルブラウンですが、眉マスカラの色は必ず自分の髪色に合わせます。眉の色と髪の色が合っていないとものすごくちぐはぐに見え、老けて見えるどころか、とてつもなくダサい印象になってしまいますからね!

 

ちなみにお湯でも落とせますが、私はメイク落としを使ってしっかりオフするようにしています。

 

まとめ

先日、慌てて買い物に出てしまったときでした。眉を描くのを忘れ、スーパーマーケットの鏡に映る”眉なし“の自分を見て、悲鳴を上げそうになりました(笑)。そのくらい眉がないって、恐ろしい顔になるんです! しかも眉メイクは、凹凸のなくなったアラフィフの顔に立体感を与えてくれますから45歳過ぎたら必須。

 

ちなみに若いころからの名残でつい眉じりを長めに流して描いてしまうのですが、今のトレンドは比較的長さが“短めの眉”のよう。いつもより気持ち眉じりを“短め”に描くことで、旬のメイクにしています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:中田ぷう

業務スーパーやカルディ、コストコなどに詳しいフードジャーナリスト。著書に子どものごはん作りの闘いを描いた「闘う!母ごはん」(光文社)がある。育ち盛りな高校2年生と小学3年生のママ。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →