記事サムネイル画像

劣化したくない! アラフォーの双子が決めた2つの条件とは? #アラフォー双子の矯正日記 6

「アラフォー双子の矯正日記」第6話。36歳で歯列矯正を始めた双子芸人☆まかりな☆のかなさんの体験を描いた漫画を紹介します。長年、自身の歯並びが気になっていたかなさん。もう歯列矯正をするには遅いと思っていたものの、コロナ禍をきっかけに歯列矯正をしてみることにしました。腕がいいと評判の病院を紹介してもらい、予約をしたところ3カ月待ちとのことでした。その間、かなさん姉妹はとあることを決めていて……。

この記事の監修者
監修者プロファイル

医師古川雄亮先生

国立大学歯学部卒業後、歯学府博士課程において歯のエナメル質形成に関わる遺伝子研究をおこないつつ、バングラデシュなどのアジア諸国で口腔衛生に関連した国際歯科研究に従事。その他、スウェーデンのイエテボリー大学での研修を修了。大学病院の医員を経験した後、南米のボリビアにおいてボランティア団体の力を借り外来・訪問歯科診療に参加。 2019年にNature系の雑誌に研究論文「HIV感染患児における免疫細胞の数と口腔状態との関連性について」が公開。現在は歯科臨床に従事する傍ら、多くの企業からの依頼で、セミナーや学会取材、医療関連記事の監修・執筆、歯科医師国家試験模擬試験の校閲など、さまざまな分野で活動している。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

歯列矯正をすることに決めたかなさんとまりさんは、普段通っている歯医者に矯正歯科を紹介してもらうことにしました。かなさんたちが紹介されたのはT歯科という紹介制の病院でした。

 

受診できるまで3カ月かかるということで、かなさんたちは矯正をする上での希望を考えることに。かなさんたちが希望することとは一体。

 

矯正するにあたって希望する条件

#アラフォー双子の矯正日記6

 

#アラフォー双子の矯正日記6

 

 

#アラフォー双子の矯正日記6

 

#アラフォー双子の矯正日記6

 

 

#アラフォー双子の矯正日記6

 

#アラフォー双子の矯正日記6

 

私たちは歯列矯正をするにあたって、2つの条件を決めました。

 

まず1つ目は、抜歯をしないということ!

 

その理由は、過去に歯列矯正をしていた知り合いに「抜歯して矯正したら、皮膚がたるんでほうれい線できたんだよねー」と苦笑いで言われたことがあったからです。

 

他にも、友人がストローで飲み物を飲んでいたときに、口の上におばあちゃんのような小ジワができていたのを見てしまったこともあり……。

 

どちらも矯正がきっかけとは言い難く、劣化は人それぞれではありますが、歯列矯正によって顔が劣化してしまうのは嫌だと思いました。

 

もう1つの条件は、矯正器具の種類でした。

 

私たちはワイヤーでの矯正を希望していたのですが、ワイヤー矯正の中でもハーフリンガルと呼ばれる形の矯正をしたいと思っていました。

 

ハーフリンガルというのは、上の歯は歯の裏側にワイヤーを通し、下の歯は表側にワイヤーを通すという目立ちにくい矯正方法でした。

 

芸人という仕事柄、人前に出る機会も多いのでなるべく目立たないようにしたかったのです。

 

T歯科でのカウンセリングでは、この条件を絶対に伝える! という意思を固めました。

 

 

歯列矯正をおこなうにあたり、2つの条件を決めたかなさん姉妹。条件の1つ目は抜歯をしない、2つ目はハーフリンガルで治療するということでした。自分の意志に沿わない治療をされないためには、どのように治療をしてもらうかということを決めておくことが大切ですよね。歯列矯正をした経験がある方は、どんな条件を決めましたか?

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター☆まかりな☆ かな

    双子で芸人・エッセイギャグ漫画を描いています。40歳になった時に自分へのプレゼントが何かできないかと思い、36歳で思い切って矯正をスタート! あまりの痛さにやるんじゃなかった! と何度も思いましたがやってよかったと思える日まで矯正漫画を描き続けます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →