記事サムネイル画像

「どうして私はできないの?」SNSを見るたびに後悔…楽しそうに子育てする友人に劣等感を抱いた話

私が妊娠した当時、同じ時期に出産予定の友人が多く、心強いこともあり、よく情報交換をしていました。私が出産してからは、SNSを通して友人たちの近況を知ることが多かったのですが、友人たちの投稿が自分よりも子育てを楽しんでいるように見えてしまったのです。私は慣れない育児の中で、周りと比べて落ち込んでしまうことが増えていったのでした。

体調が悪い自分を受け入れられない

出産後、慣れない育児や赤ちゃんの夜泣きで睡眠不足な私は、体調が悪い日が多くなりました。胃腸の調子が悪く食欲のない日が続いたり、疲れやすくなったり少しの時間外出するだけでクタクタになってしまう毎日。

 

そんな中で友人のSNSを見ると、赤ちゃん連れでのおでかけや、楽しそうに育児をする写真がアップされていたのです。それを見て私は、友人たちは元気に育児を楽しめているのに、どうして私は同じようにできないのだろうかと思い悩んでしまったのでした。

 

無理して出かけようとしてストレスに

そういった日々の中、友人に赤ちゃん連れでランチに誘われることがありました。私は行きたい気持ちがあったので無理をしてでも行こうとしたのですが、当日になり私や赤ちゃんの体調が悪くなってしまい、キャンセルすることが続いてしまいました。

 

そのうち私は、友人と会う約束をしても、また同じようにドタキャンしてしまうのではないかという不安を強く感じてしまうように。みんなのように赤ちゃんと楽しく出かけたいという気持ちが、私にとって逆にストレスになってしまったのです。

 

 

赤ちゃんの成長とともに考え方に変化が

赤ちゃんが1歳になるころ、私も子育てに余裕が出てきて、体調も徐々に回復してきました。赤ちゃんと一緒のお散歩や、2人の時間を楽しめるようになると、以前のように友人と自分を比べて落ち込むことがなくなっていきました。

 

また、友人と実際に会って話をしてみて、みんなそれぞれ育児に苦労や悩みを抱えていたということを、私は初めて知りました。そして私は、決して自分だけがつらくて大変な思いをしているのではなかったことに気付いたのです。

 

 

今になって思い返してみると、当時の私はどうしてあんなに自分と周りを比べてしまったのだろうかと後悔しています。人は人、自分は自分と割り切って、自分らしさを大切に子育てができていたなら、もっと早い時期から育児を楽しめたのではないかと思います。現在、私は2人の子どもを育児中で、思い通りにいかないこともありますが、周りと比べずにのびのびと楽しく子育てができています。

 

 


著者:水沢 雫

5歳男の子と2歳女の子の2児の母で、夜勤ありの夫と4人暮らし。アパレル販売員の経験があり、ファッションやショッピングが趣味。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎