記事サムネイル画像

赤ちゃんが生まれて「多機能な電気ケトル」に買い替えた結果…ミルク育児の時短や家事にも大活躍!

娘が生まれてから、今まで使っていた電気ケトルが使いにくいことに気づき、山善の電気ケトル0.8Lに買い換えました。山善の電気ケトルは多機能でお湯が注ぎやすくミルク育児の時短に! 慌ただしい育児中の気分転換にも、わが家で大活躍しているアイテムです。

ミルク育児でお湯をよく使うようになった

わが家は娘が新生児のころから、ミルク育児が始まり、お湯を頻繁に沸かすようになりました。娘が生まれた当初は、ホームセンターで売っていた安価な電気ケトルを使っていました。

 

しかし、哺乳びんにお湯を注ぐときに横から漏れることがたびたび……。ちょうど夫が挽き立てのドリップコーヒーを淹れることにこだわり始めたのもあり、買い替えを検討しました。ネットで検索し、山善の「電気ケトル YKG-C800-E(0.8L)」を発見しました。

 

山善の電気ケトルは機能が盛りだくさん!

山善の電気ケトルは機能盛りだくさん

 

山善の電気ケトルは、注ぎ口が細いのでピンポイントで注ぎやすくなっています。細めの哺乳びんでも脇から漏れる心配がなく、注ぐお湯の量も調節しやすいです。うっかりお湯を入れすぎてしまう失敗も減りました。山善の電気ケトルは、60〜100度(※)の範囲で1度単位に細かく温度設定をすることができるのも大きなポイント。

(※)現行品(EKG-C801)の温度設定範囲は50〜100度

 

頻繁にお湯を使う場合は、設定した温度で長時間保温することも可能なので、電気ポットとしても使用しています。調乳するときのお湯は一度沸騰させたあと、70度で保温。ミルク作りのたびに沸騰したお湯を冷ましておく面倒な手間がなくなりました。

 

※育児用ミルクに使用するお湯は、必ず一度沸騰させてから、適温(70度以上)に冷ましたものを使いましょう。

 

 

子どもが小さいうちこそ自宅でカフェ気分

子どもが小さいうちこそ自宅でカフェ気分

 

おしゃれなカフェに行っておいしいコーヒーが飲みたい! でも子どもが小さいうちは騒がしく、周りに迷惑をかけてしまうかもしれないと悩んでいた私。そんなときこそ、おうちカフェ! 山善の電気ケトルで90度のお湯を沸かし、あえて時間をかけてコーヒーを淹れています。ハンドドリップ中のコーヒー豆の膨らみと香ばしい香りに癒やされ、自宅で本格カフェ気分。育児中の気分転換になります。

 

料理以外にも、酸素系漂白剤を使用するとき、60度のお湯で溶かすと汚れがさらに落ちやすくなります。わが家ではさまざまな場面で山善の電気ケトルが大活躍しています。

 

 

山善の電気ケトルはデザインもおしゃれで機能的。温度調節機能と保温機能が便利で、わが家では毎日さまざまな場面で活躍しています。私は公式オンラインショップで、税込み7,280円(※)で購入。お手頃な価格なのに、家族全員が満足しているので、買ってよかったアイテムです。

(※)現行品(EKG-C801)は8,980円(税込み)

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 


著者:渡邊なつ

3歳女の子のママ。実家が遠方で頼れない、友達がいない、夫は夜勤あり。トラブル満載な育児体験記を執筆中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      ケトル可愛いのだと育児もより楽しく出来そう
    • 通報
      電気ケトル欲しくなっちゃった、お祝いでもらえないかな!
    • 通報
      このケトル便利です!子供が小さいときはミルクを作るのに最適な温度にできるし!

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    グッズの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →