親子で節分を楽しもう!かんたん鬼のお面の作り方

2018/01/30 21:00
0
紙袋を使った鬼のお面の作り方をご紹介します。材料は紙袋、トイレットペーパーの芯、両面テープ、のり、はさみ、画用紙、ペン。作り方は、紙袋に穴をあける、各パーツを作成し、両面テープ(もしくはのり)で接着していきます。完成したお面で鬼退治を楽しみましょう!家族で順番に鬼役を決めて、楽しみながら家族で無病息災を祈りましょう。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
手作りグッズ

鬼のお面

 

「鬼は~~外!福は~~内!!」2月3日の節分には、多くの家庭からそんな声が聞こえてきますよね。節分の豆まきは、身の回りや心の中に潜む鬼(邪気)を退治するためともいわれています。今回は、紙袋を使ってかんたんに作れる、鬼のお面の作り方をご紹介します。手作りお面で節分を楽しみましょう!

 

鬼のお面に使う材料

鬼のお面の材料

 

鬼のお面に使う材料は以下の7つです。

 

●紙袋(頭にかぶれるサイズのもの)

●トイレットペーパーの芯 1~2本(鬼の角の数分)

●両面テープ

●のり

●はさみ

●画用紙(もしくは折り紙など)

●ペン


以上の材料が用意できたらお面作り開始!

 

鬼のお面の作り方

鬼のお面の作り方

 

鬼のお面の作り方は以下の流れ。写真を参考に作ってみてくださいね。

 

①紙袋に大人の顔が出るくらいの丸い穴をあける

②紙袋に画用紙(もしくは折り紙など)をはる(※紙袋がツルツルした素材の場合は、のりではなく両面テープを使う)

③画用紙(もしくは折り紙など)を切り抜いて、目、鼻、キバを作る

④トイレットペーパーの芯に黄色と黒で色を塗り、鬼の角を作る。(※紙袋に貼り付けやすいように、たこ足のように切り込みを入れる)

⑤できたパーツを紙袋に張り付けて完成!

 

作ったお面で節分の豆まきを楽しもう!

鬼のお面をしたパパ

 

作ったお面を使って、家族で節分の豆まきを楽しみましょう! 強そうな鬼、やさしそうな鬼、ちょっと弱そうな鬼など、どんな顔のお面ができましたか?いろいろな表情の鬼のお面をつくるのも楽しいですね。

 

本来、豆をまく人は一家の主人がおこなうとされているようですが、わが家では順番に鬼役を決めてみんなで豆まきを楽しんでいます。楽しみながら家族で無病息災を祈りましょう!(TEXT:ママライター田中麻奈)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。