記事サムネイル画像

「僕は許せない」かつての同級生に娘を危険な目に合わされた、夫の本音は… #抱っこ紐を外されかけた話 14

「抱っこひもを外されかけた話」第14話。外国人の夫と結婚し、娘を出産したホニャララゆいさんの友人・A子さん。A子さんとホニャララゆいさんがお茶をしていた際、A子さんは「やばい人」と出会った出来事を話し始めました。

A子さんが娘さんを抱っこして、スーパーに行った日。
A子さんがベンチで休んでいると、見知らぬ女性から声をかけられ相席をすることに。女性と話していくうちに、A子さんは女性に違和感を覚えていくようになります。A子さんは早急にその場から立ち去ろうとしますが、糸くずがついていると言い、取る様な仕草をする女性。しかし、女性はA子さんの抱っこひものバックルに手をかけました。



 

母の決断は…

A子さんは抱っこ紐に手をかけた女性を問いつめましたが、まったく話が通じません。A子さんが諦めて帰ろうとしたところ、女性が口にしたのはA子さんの娘さんの名前でした。

 

不気味に思ったAさんは、女性を再度問い詰めていると、A子さんの夫が迎えに来てくれました。A子さんの夫が女性をみると「久しぶり〜!」と女性を知っている様子。

 

女性はA子さんの夫を見るや否や大号泣し、その場を去っていきました。

 

そして、A子さんと夫は帰宅し、状況を整理することに。

なんとA子さん夫婦と女性は、大学3回生のときのゼミが一緒でした。

 

夫がZ本さんと知り合ったのは大学2回生の中国語の講義。ある日、中国語で将来の夢についての授業の発表で、Z本さんはA子さんの夫を見ながら「私の夢は、ハーフベイビーを産むことです」と衝撃の内容を口にしました。

 

それからZ本さんはA子さんの夫に執拗に近づいていたよう。A子さんと付き合うことになった際に、夫ははっきり「君とは付き合えない」と告げたそうですが、Z本さんの口からは、「裏切り者が」という衝撃の言葉でした。

 

そして、夫はA子さんに「これからどうしたい?」と質問し……。

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

抱っこひもを外されかけた話 14

 

Z本さんを「絶対に許せない」と言う夫ですが、確かな証拠がありませんでした。

 

「でも、大学時代の知り合いを辿れば彼女へ連絡できるはず……」「改めて、謝罪を求めることはできるよ?」と夫は提案。

 

「許せない」という夫の意見に、賛同はしていたA子さんでしたが……。

 

◇   ◇   ◇

 

子どもを危険な目に合わせた人を許せないというのは、誰しもが理解できる気持ち。

 

しかし、再度Z本さんと連絡を取って会うのも怖いですよね。

 

同じ状況になった際、みなさんならどのような選択をしますか?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターホニャララゆい

    四国出身・関西在住の在宅ワーカー。2017年生まれの男の子を育てている多趣味なママです。子どもの日常マンガなどをInstagramで投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    9 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →