暮らし ファッション 工夫 体験談

子どもが扱いにくい服って?わが家の着替えサポート術

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。子どもがひとりで着替えられるようになるまで、親のサポートが必要ですよね。とくに、子どもが扱いにくい服。下手に手を貸すと、子どもの機嫌を損ねることもあって難しいところです。今回は、わが家の着替えサポート術をご紹介します!

 

続きを読む

子どもが扱いにくい服を知っておく

 

服によっては、子どもが扱いにくいものもありますよね。たとえば、長ズボンなど、

小さなボタンやファスナーがついた服。かわいくておしゃれな服に限って、着替えにくかったりしますよね。

 

子どもひとりで着替えやすい服を事前に選ぶことも方法ですが、せっかくのかわいい子ども服。いろいろなタイプの服を着せてあげたいですよね。

 

そこでわが家では、着替えにくい服をあらかじめリサーチし、服別のサポート術を考えました!

 

着替えにくい服ってどんなタイプ?

 

前述した服も含め、わが家では下記のタイプが着替えにくいように思いました。

 

・小さいボタンがある服:ボタンをとめにくい

・襟ぐりの詰まったかぶりもの:前後が分かりにくい

・ファスナーがある服:かみ合わせ部分が難しい

・長ズボン:出口が遠くて足を出しにくい

・靴下:かかとが合わせづらい

・スナップボタンがある服:かみ合わせるのが難しい

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。