記事サムネイル画像

「転んでも起き上がればいい」幼いわが子の言葉に救われた日【体験談】

子どもの感性に救われた話。娘が1歳になると同時に福祉系専門職として転職、副業と家事・育児をワンオペでこなしていましたが、意に沿わない異動などで心が壊れかけていたときに、何気ない娘の言葉で救われたことがありました。

 

心身ともにボロボロになっていたとき…

その当時、職場で意に沿わない異動の話があり、心身ともにボロボロになってしまって会社に行けなくなってしまいました。幸い、傷病手当をいただきながら3カ月間お休みをいただくことになったのですが、「このままだと保育園も退園しなければいけない」と、かなり追い詰められていました。

 

そんなある日、保育園へ送る車の中で娘が一言。

 

「あのね、転んでも起き上がることができるのが、かっこいいと思うんだよ」

 

まだこの世の中に出てきて4年ちょっとしか経っていないのに、「こんなに人を勇気づけることができるんだ」と、わが子ながら感動してしまいました。

 

子どもに支えられていることを実感

子どもがいて、仕事もして……。自分の気持ちに向き合う暇も持てないママがほとんどだと思うのですが、子どもって本当に親のことをしっかり見ているんですね。

 

 

悲しいことや嫌なこともあるけれど、それも含めて次のステップにできたらいいなと感じました。子育てをしているつもりですが、実は子どもに支えてもらっているんだと感じる瞬間でした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶