記事サムネイル画像

「追い詰めてやる」帰りが遅い夫の明らかな嘘!怒った妻がとった驚愕の行動とは… #イケメン夫の逃亡劇 1

「イケメン夫の逃亡劇」第1話。主人公は5歳の娘と1歳の息子を持つ専業主婦。主人公の夫は、近所でもイケメンと評判でしたが、実は嘘つきでナルシストと少し性格に難ありでした。それでも仲良くやっていたはずでしたが、ある日夫が怪しい行動をするようになり…。

夫の性格に少しクセがあると感じながらも、それなりにうまく夫婦関係を築けていた主人公。しかし、そんな夫にだんだんと変化が現れ始め……。

怪しい!深夜にこっそり出かける夫

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

 

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

 

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

 

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

 

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

 

 

イケメン夫の逃亡劇

 

イケメン夫の逃亡劇

 

夜中の3時に起きて、朝帰りするようになった夫。主人公が「あんた毎日どこ行ってんの?」と夫に聞きますが、明らかに嘘だとわかる理由でごまかされてしまいます。さらに夫は仕事の日も連日遅くに帰宅するように……。

 

主人公がおかしいな?と思っていると、夫の携帯にワン切りの着信が何度もかかってきます。相手の名前は男性でしたが、夫は絶対にかけ直そうとはしませんでした。

 

何か怪しいと察した主人公は、夫が寝ている隙に着信のあった電話番号をゲット。隠し事を暴くべく、契約している携帯の機能を使って夫を追い込むことに決めました……。

 

 

普段とは違う行動をとる夫は、誰が見ても「何かあるんだな」と怪しく感じてしまいますよね。

 

あまりにも怪しい態度をとっているのですぐにでも問い詰めたくなりますが、証拠もなく相手を疑ってかかってしまうと、かえって相手に反論されてしまったり、不信感を抱かれたりする可能性もあります。

 

ともすれば、感情的になってしまいそうな場面ではありますが、感情に任せて問い詰めるのではなく、まずは少しずつ証拠を集めるところから行動した主人公の冷静な判断力は見習いたいものですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターマチ

    発達ゆっくりの息子を持つシンママ。フォロワーさんのサレ妻、ヤバ男、ヤバ女体験談を紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    12 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶