記事サムネイル画像

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

【喪女が二重整形した話 1】幼いころから容姿にコンプレックスを抱えていたデバ子さん。「喪女」な自分を変えるために決意したのは二重整形でした。デバ子さんによるビフォアフも大公開します!

 

一重がコンプレックス

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

 

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

「おはようブス!」好きな人からのヒドイ言葉が胸に刺さり…!? #喪女が二重整形 1

 

自分の容姿にコンプレックスを抱いていたデバ子さん。

 

中高生のときには、祖父母に妹と容姿を比べられたり、好きな人へのあいさつで「おはよう、ブス!」と返されたりしたことも……。さらに図書館でおしゃれな本を読んでいるときに「そんなおしゃれな本読むんだ」と笑われて、胸が痛んだこともありました。

 

大人になったデバ子さんは、コンプレックスだった自分を変えるために、二重整形を決意したのでした。

 

監修/黒田愛美先生(Zetith Beauty Clinic副院長)

 

※この記事は実話に基づいた体験談であり、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


 

デバ子さんのマンガは、このほかにもInstagramで読むことができます。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターデバ子

    デバ子と申します。美しく、強くなるためのエッセイマンガを描いています。夢はでっかく、書籍化!!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →