元保育士ママが教える!脱いじゃう&脱げる靴下、どうする!?

2017/03/11 22:00
0
すぐに脱げてしまう靴下ですが、室内にいるときはできるだけ裸足で過ごすようにしましょう。室温が20度以上あれば冬場でも裸足で大丈夫だといわれています。足の裏は「第二の心臓」「第二の脳」と言われるように赤ちゃんは足の裏からたくさんの刺激を受けています。外出時など靴下を脱いでほしくないときは、ハイソックスやタイツなど脱げにくい靴下を選ぶといいですよ。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
生活習慣

 

こんにちは。ママライターの田中麻奈です。赤ちゃんに靴下を履かせても、すぐに脱いでしまった、動いているうちに脱げてしまっていた、なんてことも多いのではないでしょうか?今回は、私が保育士時代に学んだ経験から、靴下の必要性と脱いでしまうときの対処法を紹介します。

 

室内にいるときは靴下は履かずに裸足で!

すぐに脱いでしまう靴下ですが、室内にいるときはできるだけ裸足で過ごすようにしましょう。寒い季節でも室温を20度以上に保つようにしていれば、赤ちゃんは裸足での生活で大丈夫だといわれています。

 

大人は床が冷たいから赤ちゃんも寒いのではないかと思いがちですが、ハイハイやたっちをしている赤ちゃんは体も動かしているので、大人が思うほど寒さを感じていないのだそうです。心配なときは、赤ちゃんの顔色や体の体温を確認してあげるといいですよ。

 

赤ちゃんが裸足で遊ぶメリット

赤ちゃんが裸足で遊ぶことには、メリットがたくさんあります。まず、靴下で遊んでいると、すべり止めが付いていたとしても、すべって転倒しやすくなってしまいます。

 

また、足の裏は「第二の心臓」「第二の脳」と言われるように、赤ちゃんは足の裏からたくさんの刺激を受けています。床の固さや材質、暖かさなどを感じながら受ける刺激は、赤ちゃんにとってとても大切なのだそうです。

 


外出時には脱げにくい靴下を!

買い物中に気が付いたら靴下が片足しかない!なんてこと、よくありますよね。買い物中にどこに落ちたのか店をぐるぐる探し回るのも大変です。

 

外出時などに靴下を脱いでほしくないときは、ハイソックスやタイツなど、脱げにくい靴下を選ぶようにすると靴下が脱げる心配は減りますね。また、足先まで覆ってくれているロンパースなども寒い時期には便利ですよ。

 

 

大人にとっては履いてほしい靴下ですが、いやがる赤ちゃんも多いですよね。脱げにくい靴下を選びつつ、靴下を履くのが楽しくなるように、わが子に声かけをしながら履かせてあげたいですね。(TEXT:ママライター田中麻奈)


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。