【男の子あるある】突然カエルを連れてくる?今から覚悟しておこう!

2017/03/19 12:00
8
赤ちゃんのうちには想像できないような、男の子らしい遊びにハマっていった息子。恐竜とか戦隊モノの戦いごっこも楽しそうです。外で木の枝を拾ったら、それだけでテンションマックスだし、怖がっていた虫も気が付いたら捕まえまくり。やんちゃな行動ばかりでもなく、男の子って甘えるのがうまいのでママは許せちゃいます。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児あるある
男の子・女の子

 

こんにちは。ママライターの斉藤あやです。わが家にはおとなしい娘と、やんちゃな息子がいます。息子は歩けるようになったころから、いろんなものに興味が出てきてさまざまな「男の子あるある」にハマっています。男の子のママには覚悟しておかないといけないこともあるのでお知らせしておきますね。

 

虫を捕まえて「ママ見てー」

公園に行ったとき、草が生えてる場所にしゃがんで何かを一生懸命やっています。手にはバッタがいてびっくり!虫をこわがっていたハズなのに、急に平気になったようです。

 

わが家は田んぼが近くにあり、3歳の今ではカエルとりにも挑戦してる息子。私は苦手なので、心の中で「カエルさん、逃げて」とヒヤヒヤしながら眺めています。一度「キャー!」と言ったら、おもしろがって追いかけてきたので、最近は静かにリアクションしています。

 

木の枝があればごきげん!

外に枝や棒が落ちていたら、必ずつかんで振り回し、テンションアップ、ごきげんです。私が見ている限り、男の子はだいたいそうです。女には理解できませんね。

 

恐竜と電車、戦隊物にもハマり、戦いごっこのような騒がしい遊びにも夢中になりました。料理中や忙しいときに「〇〇戦隊!」と言いながら、キックしてきたりと巻き込まれるので相手をするのが大変です。

 


ママ大好き!甘えん坊

そんな激しい遊びばかりに付き合わされ、危ないこともするので、ママは体を張って対応しなければならず、毎日とても疲れます。

 

でも、眠くなったときや、体調の悪いときは、一変して甘えモード。女の子よりも甘えん坊だと思います。その様子がとってもかわいらしく感じて、疲れも飛んじゃうんです。パパも好きだけど、ママの方が好き。そんな感じの息子です。

 

 

夏は虫かご必須のわが家。娘まで一緒になって虫取りに励みます。わが子が好きなものだと、親もだんだん慣れてくるから不思議です。虫なんか大っ嫌いっていうママさんでもきっと大丈夫ですよ。(TEXT:ママライター斉藤あや)


  • 自分がそうだったから、そうだなぁとうなづきながら読みました。部屋の中にお気に入りの枝が何本か、泥が付いてる時は洗ってから暫くは玄関付近に。幼少時に両親の仕事の都合でアメリカへ家族赴任で育ったので、泥んこ遊びはほぼ毎日。おまけに室内でも靴生活でしたが、裸足になって、近所の木に登ってるのが普通の毎日の日課。6畳程の大きさの段ボール紙製の小さな家が近所の子供が集まって遊ぶ木の下段(高さは2〜3m弱)の位置の枝に置いてあって、中は幼児から小学生低学年まで10人前後は入れました。スヌーピーの漫画に出てくる赤いトロッコは近所の子供なら男女関係無く誰でも持ってました。トロッコには自分が持ってるオモチャを入れて一緒に遊ぶ為に持って行くのに使ってました。米国は子供の誘拐が多いので、遊ぶ時には、木の周りに大概保護者か年長者の兄弟姉妹が大勢遊んで居ました。ニューヨーク市のクィーンズ区と云う所で私が住んで居る時は、国連職員や中流以上の黒人も多く住み国連村と呼ばれる地域でしたが、今はスラム街です。近所にはコニーアイランドと云う年中カーニバルをしてる地域も在り、当時は子供を育てるには最高と言われてました。休日は良く近所の動物園(フラッシングメドウパークだと思うけどセントラル・パークかも)に行って一日中動物を触ってました。木登りと動物園通いのお陰か、身体はアレルギーが一切無し、運動神経は平均以上くらいに。小遣いを貰う習慣が無い米国流の生活だとお菓子を食べる事が滅多にない(クリスマスと誕生日とハロウィンの時だけ)ので、おやつは誰でもそうでしたが、、バックスバニーの様にポケットにはいつもミニ人参が入ってました。帰国後同級生がお菓子を普通に食べるのを見て凄い衝撃を受けましたね。
    男の子は中学生の途中から突然食べる量が激増するので、食費が凄い事になります。母は私達3人姉弟の為、5合炊きから一斗炊きに炊飯器を買い直しました。1人だけ姉妹合わせた3倍食べてた様です。18歳で社会人になって家を出た後に実家では炊飯器は、かなり邪魔な存在になってます。
    お子様が健やかに育つのが文章から見えて、大変でしょうが楽しそうな生活がイイなぁと思います。私は反抗期を経験しましたが、両親が大好きです。先月実家の親父が死んだばかりなので気分が暗いですが、よそ様のお子様の楽しそうな話を読んで何か元気を貰った気持ちです。有難うございました。

    2017/03/19 18:20

この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード