もしかしてもう生まれる!?わからないことだらけだった出産エピソード

2017/02/23 08:00
7
初めての出産はわからないことだらけで最初は不安でした。陣痛とおなかの張りの痛みの区別もつかず、破水したという感覚もよくわからなかったですが、出産が進むに連れてすべて理解できました。分娩室に入室後、約2時間で出産し、結果的に安産でした。産後は家族写真を撮影したり胎盤を見ることができたりと、貴重な経験ができました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛
破水

 

こんにちは。ママライターの小林まなみです。私が出産したのは数年前の春で、今思えば非常に安産でした。当時は初めての出産という一大イベントに、てんやわんやで不安だらけだったことを覚えています。今回は、そんな私の出産体験談をご紹介します。

 

これは陣痛?痛みの違いがわからなかった

私は妊娠中、よくおなかが張ったり、なんとなく痛みがあったりということがよくありました。妊娠後期に入ると、少し歩くだけでもおなかが張りやすくなり、痛いと思うときもありました。

 

そのせいか、前駆陣痛の段階では陣痛なのか、ただのおなかの張りなのか判断が付きにくく、悩ましかったことを覚えています。その前駆陣痛らしきものが来たのは深夜寝ているときで、半分は寝ぼけながらも陣痛の間隔を管理するスマートフォンアプリに時間を入力していました。

 

破水したかも……でも感覚がよくわからない

もうひとつ、判断がつきにくかったものは破水です。助産師さんに「破水したら絶対わかるから」と言われていたのですが、チョロチョロと尿が漏れ出ている感覚だったため、判断できず、陣痛の間隔も短くなったことで病院へ行きました。

 

ところが、病院では「破水ではない。陣痛も遠のくことがあるので一度帰宅して」と言われ、帰宅することに。その後、寝ようと思ったときに、おなかでポンッという音がして、子宮から羊水が一気に流れ出てきました。そのときに、初めてこれが破水なのだと知りました。

 


ついに出産へ!胎盤を見るという希望が叶った

破水すると即入院。最初はひとりで歩けて会話もできましたが、本格的な陣痛に移行すると痛みで何もできず、ただひたすら耐えるしかありません。分娩室に入る前に先生の診察があり、診察室に行くことも大変な状況でした。

 

分娩室に入室後、約2時間で出産。初産にしては安産だったようです。立ち合い出産だったので、生まれたてのわが子を抱いて初めての家族写真をその場で撮影しました。その後、妊娠中に大事な役割を果たしてくれた、胎盤を見ることができたのはとても印象的でした。胎盤を見たいという、私の希望が叶った瞬間でもありました。

 

 

出産は人によってまったく違った展開や、想像を超えるハプニングがつきものですが、終わった今ではすべてがいい思い出となっています。これから出産を控えているママも、気負いせずにその瞬間を迎えてくださいね。(TEXT:ママライター小林まなみ)


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。