記事サムネイル画像

義母からの電話が1日10回以上も。疲れ果ててしまった私…。義母が変わってしまったワケは

私は結婚してとても幸せでしたが、義父母との付き合いという悩みが生まれて……。

最初は良好だった義母との関係

私が結婚したのは、30歳のときです。当時の私は親戚が立て続けに結婚し、かなり焦っていました。しかし、仕事が忙しくまったく出会いもありません。そのため、結婚相談所に登録して婚活を開始。そこで最初に紹介されたのが今の夫です。とてもまじめで仕事に熱心な彼に私はすぐに惹かれました。夫も私のことを気にいってくれたようで、とんとん拍子で結婚に至りました。

 

新婚生活はとても楽しく、幸せな日々。そのころは義母との関係も良好で、休日には一緒にショッピングや食事に出かけるなどかなり仲が良かったです。「自分が大切に育ててきた一人息子と結婚してくれてありがとう」といつも感謝の言葉をかけてくれて、私は心からうれしかったのを覚えています。

 

義父が亡くなると…

結婚をして1年がたったある日、義父が心筋梗塞で急逝。そこから義母との関係が変化していきました。義母は義父を亡くした悲しさからか、毎日のように私に電話をかけてくるようになったのです。義母と義父はおしどり夫婦だったので、義母の悲しみに寄り添いたいと最初は私も話を聞いていました。また、休日には義母の寂しさを紛らわせるために、夫婦で義実家へ行き一緒にご飯を食べたり、おしゃべりをしたりして過ごすようにしていました。

 

しかし、なにをしても義母の悲しみは癒えることはありません。そのうち、一日に何度も電話をかけてくるように。一日一回くらいならまだ付き合えるのですが、一日に10回以上も電話をかけてこられるとこちらも参ってしまいます。

 

しかし、嫁の私から義母に「電話をかけてこないで」とは言いにくいです。夫にそれとなく伝えてほしいとお願いしましたが、夫は元来、口下手で物事をうまく処理できないタイプ。彼の伝え方が悪かったのか、最終的に義母は「嫁はやさしさのかけらもない非情な人間だ」と親戚中に吹聴するようになってしまったのです。

 

 

義父母との付き合いは、うまくいかないと本当に大変です。お互いに考え方や感じ方が違うと、思わぬ軋轢が生まれてしまいます。義父母との付き合いは結婚生活にも多大な影響を与えるので、なんとか良好な関係に戻せるように夫と相談しながらうまく対処していきたいです。

 

著者/山本裕子
イラスト/もふたむ

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →