記事サムネイル画像

「卵巣が腫れています」…ハッ!?健康診断で見つかったまさかの物 #卵巣嚢腫手術 1

【傍卵巣嚢腫で腹腔鏡手術をした話 第1話】レイラさんに卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)が見つかったのは、2021年のこと。会社の健康診断で人生初の婦人科検診を受けた際でした。そのときにすでに卵巣嚢腫の大きさは……。

 

突然の宣言に呆然

「卵巣が腫れています」…ハッ!?健康診断で見つかったまさかの物 #卵巣嚢腫手術 1

 

「卵巣が腫れています」…ハッ!?健康診断で見つかったまさかの物 #卵巣嚢腫手術 1

 

会社の健康診断での婦人科検診の際、「卵巣が腫れている」と言われたレイラさん。大きさはそのときすでに8cmほどあったと言います。卵巣嚢腫が大きくなると、おなかが張る感覚があったり、下腹部が痛くなったり、トイレが近くなったり……という症状が表れることがありますが、日常生活では気づきにくいことがほとんど。レイラさんのように、自覚症状はまったくなく健康診断の際や、他の症状で内科を受診した際などに見つかるということが多いようです。

 

そしてレイラさんの場合、会社での婦人科検診はオプションで、付けるか付けないかは個人の判断に委ねられていたそう。周囲に婦人科系の病気になった方がいたことで、「自分も受けてみよう」と検査をしたところ、卵巣嚢腫が見つかったという結果に。レイラさんとしても「まさか」という思いが強かったのかもしれません。「卵巣が8cmに腫れている」と言われても、自分のことなのか実感が湧かなかったと言います。

 

しかし、卵巣嚢腫が見つかり、手術をしたことで改めて「健康の偉大さ」「検診の大切さ」を実感されたというレイラさん。レイラさんのマンガを通して、たくさんの方に「レイラさんの思い」が伝わったら幸いです。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

レイラさんは自身のイラストをInstagramなどにアップされています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターレイラ

    イラストをちょこちょこ描いています。 コミックエッセイが好きで、よく読んだり描いたりしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →