ママネタ 妊娠 妊娠の悩み 体験談 産み分け 産婦人科 生理

男の子がほしい!産院で〇〇をしてもらった結果…【産み分け体験談】

産婦人科受診のイメージ

 

赤ちゃんを授かることができれば性別はどちらでもいい。そう周囲にこぼしていた私ですが、心の中では「男の子がほしい」と思っていました。ところが妊娠すらできない状況に。今回は、産院でおこなった産み分けについてお伝えします。

 

続きを読む

初めての赤ちゃんは「男の子」がほしい!

性別問わず赤ちゃんはみんなかわいいのですが、とくに男の子がかわいい!と思っていた私。初めての赤ちゃんは、やっぱり男の子がいいなと密かに思っていました。

 

とは言っても、赤ちゃんは授かりものです。産み分けという言葉を耳にするけれど、必ずしもうまくいくとは限らないと思っていました。私は半信半疑になりながらも、産み分けに関して調べ、男の子を妊娠するためには「排卵日当日、前後のタイミングを狙うといい」といわれていることを知りました。

 

妊活をはじめて2年、排卵日がわからない!

男の子の染色体を持つ精子は、女の子の染色体を持つ精子に比べて寿命が短く、遊泳速度が速いという特徴があるそうです。その特性を利用し、排卵日当日、前後にタイミングを計ると、男の子を妊娠する可能性が高まるのだとか。理論上は産み分けが可能だといわれているようです。

 

ただ、そもそも私は自分の排卵日すら把握していませんでした。そのころ妊活をはじめてから2年が経過し、産み分けをするどころか、なかなか妊娠すらできない状況になっていました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。