【体験談】甘えん坊のわが子が小学校入学。元気なお返事に感激

2017/05/27 18:00
1
わが家の次女は、保育園に行くことを毎日嫌がっていました。小学校でも同じような日々が続くのかな、と少し心配に。けれども、みんなに「一年生になるね、おめでとう」と言われ、小学校を楽しみにするようになりました。そして入学式当日。名前を呼ばれると、元気な大きい声で「はい!」と返事ができたのです。その成長した姿に、感激しました。

 

わが家の次女は、内弁慶。家の中ではずっとお話していてパワフルですが、保育園に向かう時間になると急に行動がゆっくりになり、毎日のように「行きたくない」と言っていました。そんな娘の小学校入学時のエピソードをお伝えしたいと思います。

 

保育園をいやがっていた娘

次女はとにかく甘えん坊。障害のある上の子に手がかかることもあってか、次女はふだんがまんしているのでしょう。一緒にいるときは、とにかく甘えてきたり、わざと私を困らせたり……。

 

3歳から保育園へ行くようになりましたが、2週間くらい経ったころ、「行きたくない」と毎日言うようになりました。共働きなので、できるだけ早く迎えに行くようにしましたが、帰りも「もっと早く迎えに来て!」と不機嫌なことも多々ありました。

 

小学校入学を楽しみにする

年長さんになると、「行きたくない」という回数も減ってきましたが、やはり保育園は行きたくない様子。卒園も近付いてきて、「小学生になるのに大丈夫かな」「小学校に行くのも、毎日いやがるのかな」と少し心配でした。

 

けれども、就学前健診に参加して、お友だちができたり、「もうすぐ1年生だね、おめでとう」といろいろな人に言われたりすると、「小学校楽しみ!」と言うようになりました。


元気にお返事する姿に感激

そして、入学式当日。楽しみにはしていたものの、少し緊張した様子の娘。もともと恥ずかしがり屋さんなので、教室に入っても静かにイスに座っていました。

 

いよいよ入学式がはじまり、生徒呼名。恥ずかしがって、小さい声であいさつするんだろうなと思っていたら、手を思いっきり上げて、とっても大きな声で「はい!」と言ったのです。その元気にお返事している姿にとても感激しました。

 

 

まだまだぴかぴかの1年生の娘。黄色い帽子をかぶってランドセルを背負って、お姉さんという自覚が芽生えたのか、とても元気に学校に通っています。これからも成長が楽しみです。(TEXT:ママライター石原みどり)

 


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。