赤ちゃんがべぇ〜っと口から出す!離乳食に葉物野菜を使うときの調理法

2018/05/05 23:00
離乳食インストラクターの中田馨さんが離乳食に葉物野菜を使うときの調理法を教えてくれました。赤ちゃんが葉物野菜を口から出してしまうということは食べづらいということ。葉物野菜はいつもの食材よりもよく茹でて、小さめに切るといいでしょう。

葉物野菜

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食にほうれん草、小松菜、キャベツなどの葉物野菜を取り入れると、緑色がいろどりのアクセントになりますね。今日は、離乳食に葉物野菜を使うときの調理方法や注意点をお話しします。

 

時期によって食べられる部位が違う

葉物野菜とひとことで言いますが、実は時期によって食べられる部位が違います。

 

・離乳食初期・中期は葉の部分だけ

・離乳食後期・完了期から茎の部分もチャレンジ!

 

葉物野菜を調理するとき気を付けること

離乳食に葉物を使う場合は以下を心がけましょう

 

・しんなりクタクタになるまで湯がく(煮込む)

・繊維が食べにくい場合は月齢の目安より細かく調理する

 

とくに、ほうれん草は下茹でしてあく抜きすると食べやすくなります。

 

葉物野菜を食べやすくするには?

しんなりクタクタに湯がいても、細かく切っても、葉物野菜は「べぇー」と赤ちゃんのお口から出てくることがあります。無理強いはしなくていいですが、そんなときは、メニューに少々工夫をしてみましょう。

 

ほかの食材と合わせる

葉物野菜を食べやすくしてくれる食材と合わせてみましょう。おかゆ・じゃがいも・さつまいも・かぼちゃなどに混ぜると、葉物野菜は食べやすくなります。また、うちの息子は汁物に入れると食べてくれました。もし、葉物野菜を舌触りや見た目で嫌がっている場合、まずは少ない量からチャレンジしましょう。

 

「お!さつまいもと混ぜたら食べた!」と思っても、次も欲張らず少量。じょじょに量を増やして食べられた経験を積んでください。

 

とろみをつける

舌触りをよくするためにはとろみ離乳食がぴったり。とろみをつけるには、片栗粉が定番ですが、おくらや納豆でもとろみがつけられます。私がおすすめするのはさつまいもとじゃがいもです。

 

1. 生のまますりおろす

2. やわらかく煮込んだ食材の中に入れ、混ぜながら煮込む

※生なのでしっかりと火を通してください

 

 

離乳食期は、さまざまな食材と初めて出会う時期です。いろいろな味や食感を楽しませてあげてくださいね!


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 


  • 2
  • 1
  • 4
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。