記事サムネイル画像

「若さと美しさを○○されていた」母親ならではの気付きとは #おばさんってダメですか? 9

「おばさんってダメですか?」第9話。2人の女児を育てる元ライター&編集者のらっさむさん。アラフォー目線で「おばさんってダメ?」を描くマンガを紹介します。

「おばちゃん」と呼ばれることに対して、敏感に反応する人と、そうじゃない人。望んで母親になったのに、「ママに見えない」というセリフを「褒め言葉」として使い使われているキラキラママたちもいるようです。最近では「モテママ」まで……。一体、誰からモテる想定? モヤッとするらっさむさんでしたが、その話題の最中に、友人からある美魔女の話を聞いたのです。

友人が話してくれた「40代で美容にお金も時間もかけている美魔女」のエピソード。

その人は、いつも自分に注がれてきた異性からの視線が小6の娘に向いていることに、ものすごい嫌悪感を抱いたのだそう。その理由には、母親ならではの気付きがあったのです。

 

娘を見ていたら…

おばさんってダメですか? 9

 

おばさんってダメですか? 9

 

おばさんってダメですか? 9

 

 

おばさんってダメですか? 9

 

おばさんってダメですか? 9

 

おばさんってダメですか? 9

 

 

おばさんってダメですか? 9

 

おばさんってダメですか? 9

 

おばさんってダメですか? 9

 

私は、美魔女が抱いたという嫌悪感について、いつまでも若くありたいその人の「自分の時代が終わった焦燥感」から来る嫉妬かと思いましたが、それは違ったのです。

 

性的対象を品定めするような視線にさらされた娘を見た美魔女は、「若さと美しさを消費されている」と気付いたのだそう。そして、「今後も娘がずっと消費されていく」と思うと耐えられず、すぐに店から連れ出したということです。

 

「母親ならではの気付き」だという友人の言葉、とても染みてきました。若くて美しいとチヤホヤされているときは「恩恵」だと思って「消費されている」ことに気付けず、たとえ違和感を覚えてもそういうものだと刷り込まれていく……。私は、社会の構図を改めて実感したのです。

 

--------------

いつまでも若くて美しいと褒められたいオンナたち。そうでない自分には価値がないとまで思っていた美魔女……。しかしそれは、本当は異性の消費の対象になっているだけなのかもしれません。娘を通してそれに気付いた美魔女の話は、奥深いです。そういった生きにくさが潜む現代社会で、女性のあるべき姿についていろいろ考えさせられますね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターらっさむ

    2人の女児を育てる母。ライブドアブログ・Twitter・Instagramで、ほぼ毎日マンガ更新しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →