記事サムネイル画像

「慰謝料請求には応じない」不倫相手に子どもを作らせ開き直った夫に妻が突きつけたものとは #たかし君不倫してくれてありがとう! 34

「たかし君不倫してくれてありがとう!」第34話。ゆきえさんは長年付き合ったたかしと結婚。たかしは家事にも協力的で、理想の夫を絵に描いたような存在でした。子どもを望んでいた2人は妊活にも積極的に取り組みながら、幸せな日々を過ごします。しかし、ある日突然訪れた不倫相手・狂子によって状況は一変。夫の浮気の証拠をつかむため、ゆきえさんは動き出します。

親友のさとみとの間に子どもができていたたかし。弁護士との話し合いの場で、その事実を認めたものの「自分は悪くない」と主張します。なんと不倫した理由はゆきえさんが妊娠しないからだというのです。

ゆきえさんは怒りを我慢し、たかしに慰謝料請求について話すのですが……。

まったく反省しない夫に、証拠を突き出すも…

たかし君不倫してくれてありがとう!220

 

たかし君不倫してくれてありがとう!221

 

たかし君不倫してくれてありがとう!222

 

 

 

たかし君不倫してくれてありがとう!223

 

たかし君不倫してくれてありがとう!224

 

たかし君不倫してくれてありがとう!225

 

 

 

たかし君不倫してくれてありがとう!226

 

たかし君不倫してくれてありがとう!227

 

たかし君不倫してくれてありがとう!228

 

慰謝料請求を拒否するたかし。

親友さとみの会話が録音されたボイスレコーダーだけでは証拠にならないと言います。

 

そんなたかしにゆきえさんは母子手帳を提示。驚くたかしでしたが、「本物だって証明できないよね」と開き直ってしまいます。

たかしはあくまでゆきえさんとの関係修復を望んでおり、慰謝料請求には応じないと言うのでした。

 

その後、たかしのもうひとりの不倫相手である狂子から連絡があったと弁護士からゆきえさんは聞かされます。

狂子はもう一度、直接ゆきえさんに会って謝罪したいとのことでした。たかしの不倫相手ではあったものの、狂子も騙されていた被害者……。

ゆきえさんは、狂子と会うことを承諾するのでした。

 

 

一筋縄ではいかないたかしとの話し合い。

ボイスレコーダー、母子手帳以上となる不倫の証拠を突きつけなければ、たかしは動かないようです。弁護士の力をかりて、ゆきえさんには赤ちゃんの両親が、たかしとさとみであることを証明してもらいたいですね。

たかしが不倫について心から反省するまでには時間がかかりそうですが、最後までゆきえさんが冷静に行動できることを願うばかりです

 

作画:ささみりせ

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    ライターゆきえ

    主人公・ゆきえは、4年間付き合っていたたかしと結婚し、幸せな日々を過ごしていた。ところがある日、突然謎の女・狂子が家に乗り込んできて…!?

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    99 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      狂子はなんだかんだ謝ってきたし被害者でもあるしな
    • 通報
      まあ中では一番まともそうだけど…示談はしておいた方が良いですね

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →