【先輩ママおすすめ】子ども乗せ電動自転車のお悩み解決グッズ

2017/06/11 12:00
赤ちゃんが1歳を過ぎると、子ども乗せ電動自転車に乗せてお出かけできるようになりますよね。抱っこひもやベビーカーに比べ、ぐっと行動範囲も広がるので、私の場合、自転車に乗れるようになってから育児がグッと楽しくなりました。今日は、これから暑くなる季節におすすめしたいグッズを紹介します。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
自転車・電動自転車

 

赤ちゃんが1歳を過ぎると、子ども乗せ電動自転車に乗せてお出かけできるようになりますよね。抱っこひもやベビーカーに比べ、ぐっと行動範囲も広がるので、私の場合、自転車に乗れるようになってから育児がグッと楽しくなりました。今日は、これから暑くなる季節におすすめしたいグッズを紹介します。

 

その1:レインカバー

 

だんだん暑くなる季節は、夕立ちなど急な雨も多いもの。出かけるときは晴れていたのに……と慌てることもあるかも知れません。ママ用のレインウェアのほかに、子ども乗せ自転車専用のレインカバーを用意しておくと安心です。

 

いろいろなタイプが出ていますが、私は、使わないときはコンパクトに畳める「レイコム」のものをチョイスしました。化粧ポーチくらいのサイズでとても軽いので、マザーズバッグに入れても邪魔になりません。

 

その2:濡れタオル

 

日の当たる場所に自転車を駐めておくと、思った以上に座席が熱くなっていることも。薄着の季節でもあるので、しっかり冷ましてから座らせてあげたいですね。

 

そんなときには、タオルを濡らして軽く滴るくらいにゆるく絞り、座席をサッと拭くと、気化熱ですぐに冷ますことができます。公園などでは水道があることが多いですが、そうでない場所へのお出かけのときは、あらかじめ、濡れタオルをジップロックなどに入れて用意しておくと安心です。


その3:アームカバー

 

自転車は腕を前に突き出した格好で運転するため、普通に歩いているときに比べ、腕がとても日焼けしやすいです。私は油断していて真っ黒になってしまいました。

 

塗るタイプの日焼け止めのほか、さらにアームカバーでガードすると万全です。手の甲までしっかり覆ってくれるタイプがオススメ。ちょっとファッション性が気になるかもしれませんが、自転車から降りたらサッと外してしまえばOKです。

 

 

上の子が1歳のころは車を持っていなかったので、子ども乗せ電動自転車はとにかく大活躍でした。暑い季節には水遊びができる公園にあちこち出かけ、楽しい思い出がたくさんできましたよ。(TEXT:ママライター奥田美紀)

 


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。