記事サムネイル画像

「えっ、今まで無料だったのに使えないの!?」里帰り出産で感じたデメリットは…!?

「妊婦レベル1 まっふの冒険記」165話は、妊娠9カ月(妊娠34週)ごろのお話です。今回は、里帰り出産をしたことでまっふさんが感じたデメリットについてのエピソードになります。今まで無料で受けることができていた妊婦健診。しかし、里帰り出産した産院ではそれが使うことができなくて……!?

里帰り出産のデメリットを感じた瞬間!

165話

 

 

165話

 

実家で母に甘やかされ、のんびりのびのびと暮らし、

里帰り最高かとなっておりますが、

里帰り出産のデメリットとして出てくるのが
今まで使っていた妊婦健診の無料券が使えないということ!!

 

住んでいた市で助成してもらっているので、

その市や県内でしか使用できません。
 

こうなって初めてあの券のありがたみを実感しますね!
 

妊婦にやさしい。ありがとうございます……!

 

そしてここからは実費なのですが、

安心してください!
 

領収書や書類諸々があれば、

県外の病院でもあとから費用が戻ってくるようです!
 

詳しくはお住いの市に聞いてくださいね。

 

ただそれに必要な書類というのを集めたり

書いたりするのが多く……w
 

領収書も病院に行った回数、

複数枚になるのでなくさずにしっかりストックです。

 

さらに私の場合、年度をまたぐので

これがまたややこしい。

 

なかなか手のかかる作業でした。
 

これが里帰り出産の1番のデメリットだったかなと思います。
 

とはいえ返ってくるのはありがたいのですがね。

 

 

監修/助産師 松田玲子

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターまっふ
    漫画家

    令和元年5月1日生まれの男の子を子育て中の漫画家。多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠を備忘録としてブログにのんびり4コマで更新中。ベビーカレンダーでは妊活中のお話「妊活レベル1 まっふの冒険記」と妊娠中のお話「妊婦レベル1 まっふの冒険記」を連載。息子とのお昼寝と一日の終わりにするゲームがなによりの至福。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎