記事サムネイル画像

「ピンポーン」誰?夜遅くインターホンを連打する訪問者。この後、恐怖の展開に #子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

「子どもの父親は結婚詐欺師でした」第41話。1児のママのサキさんは、従姉妹のスナックの手伝いでクセ強めの客ゴリと出会い交際スタート(夫とは別居、後に離婚)。彼との子どもを身籠りますが、別の女性との二股が発覚しサキさんは別れを決意。常に女性の影をちらつかせるゴリはなぜか別れる気は一切なく、サキさん名義の車で事故や騒動を起こします。サキさんは悩みつつもゴリとの子を出産。一方のゴリは留置場送りになったり、サキさんの車を盗ませたり、保護観察中にサキさん宅に盗みに入ったりと悪行三昧。ついには自分の店のスタッフから訴えられますが、ゴリの祖母が示談金を支払い解決。ゴリに関わりたくないサキさんですが、子どもの世話などでゴリ祖母に恩があり、祖母たっての願いで縁だけは切らない約束をします。ゴリの祖母宅へ遊びに行った際に、ゴリの新たな餌食であろう女性の存在と連絡先を知ったサキさんは彼女に連絡を取って意気投合。共謀してゴリに仕返しを果たし、決別したのですが……。

平穏に暮らしていたある日、知らない番号からの電話に出ると、相手はゴリの彼女だと名乗る女子大生。彼女はゴリの借金返済のため風俗を手伝うよう言われたと告げ、サキさんに立ち入った質問をしますが、ゴリとは関わりはないと言って電話を切ると以後連絡してくることはありませんでした。

代わりにゴリが女子大生の件について探りの電話をしてきました。自分が経営するスナックが潰れてしまい、お金に困ったゴリが向かった先はーー。

 

何の用? もう縁を切ったし、家に来ないで! 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 41

 

夜遅く、サキさん宅のインターホンが何度もしつこく鳴らされ、しまいにはサキさんの名前を呼び始めました。声の主はゴリ。お金に困ったゴリはサキさんのもとを訪れていました。

 

サキさんはゴリと縁を切ったので来ないように言うと泣き落としに入りますが、それが通じないとわかると……。

 

「いいからここを開けろぉ!」

一転して、ゴリは玄関のドアをドンドン叩いて脅しに入ります。近所迷惑になるほど大騒ぎをしますが、絶対に家に入れるわけにはいきません。すると、近所の男性が何してるんだとゴリに注意をしたため、また来ると捨てゼリフを残して去って行きました。

 

娘と抱き合って震えるサキさん。身の危険を感じて警察に相談しようと心に決めます。

「ピンポン♪ ピンポン♪」

翌日、またインターホンが鳴らされますが、サキさんは無事なのでしょうか?

 

◇    ◇    ◇ 

 

晴れてゴリとの縁が切れて心穏やかな毎日を過ごせていると思ったサキさんですが、ゴリはそうではありませんでした。絶対家に入れてはいけませんが、名前を呼ばれドアを蹴破らんばかりにドンドン叩かれて居座られると近所の人の迷惑もあり、気が気ではないですよね。

今回は近所の人が注意してくれて助かりましたが、また来ると宣言していたので解決したわけではありません。警察への相談で押しかけがなくなることを祈りたいですね。

次の話

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターマチ

    発達ゆっくりの息子を持つシンママ。フォロワーさんのサレ妻、ヤバ男、ヤバ女体験談を紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    12 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →