記事サムネイル画像

別れた男からのつきまといで大ピンチ!私の前に現れた男が予想外の発言を #子どもの父親は結婚詐欺師でした 最終話

「子もの父親は結婚詐欺師でした」最終話。1児のママのサキさんは、従姉妹のスナックの手伝いでクセ強めの客ゴリと出会い交際スタート(夫とは別居、後に離婚)。彼との子どもを身籠りますが、別の女性との二股が発覚しサキさんは別れを決意。常に女性の影をちらつかせるゴリはなぜか別れる気は一切なく、サキさん名義の車で事故や騒動を起こします。サキさんは悩みつつもゴリとの子を出産。一方のゴリは留置場送りになったり、サキさんの車を盗ませたり、保護観察中にサキさん宅に盗みに入ったりと悪行三昧。ついには自分の店のスタッフから訴えられますが、ゴリの祖母が示談金を支払い解決。ゴリに関わりたくないのに、わが子の世話などでゴリ祖母に恩があるサキさんは祖母の頼みで縁だけは切らずにいました。しかし、ひょんなきっかけでゴリの新たな餌食であるシンママの存在と連絡先を知ったサキさんは彼女に連絡を取って意気投合。共謀してゴリに仕返しを話、完全に決別したのですが……。

自分が経営するスナックが潰れ、金づるにしようとしていた女子大生に逃げられ、金に困って自暴自棄になったゴリはサキさんの家にやってきて玄関前で大騒ぎ。近所の男性が注意したため、その日は立ち去りましたが、翌日訪れたのはサキさんの実家。

母がひとりのタイミングを狙って押しかけ損害金を要求するのです。強引に5万円を手にして帰ったかと思いきや、サキさんの母のパート先にまで出没。サキさんと別れているというのに、「捨てられる」などと支離滅裂な主張をしてつきまといをやめずーー。

 

家にも職場にも現れるゴリ。どうすればいいの?

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子どもの父親は結婚詐欺師でした 43

 

子供の父親は結婚詐欺師でした 43

 

子供の父親は結婚詐欺師でした 43

 

子供の父親は結婚詐欺師でした 43

 

子供の父親は結婚詐欺師でした 43

 

子供の父親は結婚詐欺師でした 43

 

子供の父親は結婚詐欺師でした 43

 

その頃、サキさんは仕事中もゴリの襲来が心配で気が気ではなく、母からの連絡で実家と母の職場にゴリが押しかけていたことを知り驚愕。さらにサキさんの職場にもゴリが現れますが、警察を呼んでその場を収めてもらいました。

 

母とともに警察に行き事情を説明しますが、痴話喧嘩だからなどと取り合ってくれず。弁護士に聞いてみても、ゴリが無職でサキさんがシンママと知るとお金にならないと判断したのか、難しい案件扱いをされ、その間ゴリの迷惑行為は悪化します。

 

派遣でサキさんの出勤する店が毎回変わるのにも関わらず必ずそこにゴリが現れ、一見さんお断りの店のバイト先にもゴリは現れ自分はサキさんの旦那だと叫ぶ始末……。
サキさんの行くところに必ず現れ叫んで暴れるゴリから守ってはもらえていましたが、さすがに仕事がなくなりかけるという状態にまで陥っていました。

 

そんなある日、バイト先の飲み屋でゴリの知り合いだと言う男に出会います。とうとう知り合いまで送り込んできたのかと肩を落としていると、どうやら仲間ではない様子。
ほっとしたサキさんが思わずこれまでの経緯を話すと、事情を把握した男は「助けやる」と笑みを浮かべ、その展開にサキさんも驚くのでした。

 

◇    ◇    ◇ 

 

ゴリと出会った当初、自信家で胡散臭さを感じながらも、言葉巧みで人の懐に入るのが上手いゴリに騙されてしまったサキさん。お金と女にだらしがなく、社会性に欠けている面も露呈して多くのトラブルを起こし、正体がわかった今も、なかなか撃退できずに苦戦しています。

心細さを抱えているシンママを狙ってお金を騙し取るのがゴリの目的。元夫は女がガマンすればいいという考えで、義両親とも折り合いが悪く、心身ともにボロボロだったサキさん。一方のゴリはマメで子ども好き、家族ぐるみのつき合いにサキさんを誘い家庭的な面を見せ信用をさせていきます。当時、サキさんの心が弱っていたがゆえに、そんなゴリに惹かれてしまい、思わず心を許してしまったのかもしれませんね。

口がうまく悪知恵の回転も早いゴリのような人物は関わらないことが重要ですが、そうできなかった場合は少しの嘘も見逃さないこと、同情心を持たないこと、離れることが大事なのではないでしょうか。

つきあい始めの頃から二股疑惑が絶えないゴリですが泣いて謝られ許してしまったサキさん。その後は女の存在がバレるたびサキさんが別れるといくら主張しても離れてくれませんでした。この時に当事者だけでなく、第三者などを交えて冷静な判断できるとまた状況は変わったのかもしれません。

 

今回、見知らぬ男の登場という新たな局面を迎えているサキさん。適切な判断でこれからどうにか窮地から抜け出せることを願うばかりです。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターマチ

    発達ゆっくりの息子を持つシンママ。フォロワーさんのサレ妻、ヤバ男、ヤバ女体験談を紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    12 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →