記事サムネイル画像

「働きやすい職場でよかった!」産休前の上司がやさしすぎ。神対応とは? #妊娠に気づかず○カ月経った話 12

「妊娠に気づかず○カ月経った話」第12話。会社員・松本さとこさんは最近結婚式を挙げた新婚さん。新婚生活を楽しみたいところですが、仕事が忙しく慌ただしい生活を送っていました。倦怠感が続いたものの、風邪や仕事のストレスだと思い込み、特に気にせず過ごす日々。そんな中、上司から体調を心配され、病院に行ってみると妊娠が判明! 妊娠中期まで妊娠に気づかなかった、さとこさんの妊娠体験談マンガです。

夫と話し合い、体のことを考えて産休を早めに取ることにしたさとこさん。上司の二宮さんに「有給を使い、少し早めに産休に入りたい」と伝えると、快く賛成してくれました。

 

出産経験のある二宮さんは「ただでさえ初産だし不安だね」とやさしい言葉をかけてくれ、一緒に課長へお願いしに行ってくれるのでした。

 

「なんてやさしいの…」上司の神対応

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

 

妊娠に気づかず○ヶ月経った話 12

 

早めに産休を入りたいということを課長に伝えると、「いいんじゃない? おなかが大きくなったら働きにくくなると思うし、早めに産休に入っていいよ」と言ってくれました。

 

そして二宮さんからも「仕事のことは心配しないで、それは私たち上司の役目だから」と心強い言葉が。

 

こうしてさとこさんは、産休までに引き継ぎを終わらせ「元気な赤ちゃんを産んでね!」と送り出されたのでした。

 

産休がスタートし、安静にしながら出産予定日を待つ日々。「いつ生まれるかな……」とドキドキしているさとこさんでした。

 

妊娠6カ月まで妊娠に気づかず、普段通りの生活を送っていましたが、無事ここまで育ってひと安心です。出産まで気を抜かず、無事生まれることを願うばかりです。

 

<参考>
【医師監修】 妊娠中に走ってしまったときの注意点について

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

※妊娠中の運動について
経過に問題がなければ。妊娠中の適度な運動は問題ないと言われています。
しかし、転倒しやすく、頭やおなかをぶつける可能性があるので、おまりおすすめできません。妊娠中に運動したい場合は、まず担当の医師や助産師へ相談しましょう。
走ったあとなど運動後に、おなかの張りや出血がある場合は、早めに産婦人科へ受診してください。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターぴおっぷ

    手書きPOPライター・ぴおっぷ。 20代フリーランスの主婦。Instagramとブログでエッセイ漫画を描いています。手書きPOPに関する情報も発信しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎