記事サムネイル画像

促進剤の投与を始めたら「体が宙に浮いてる!?」助産師が急いで駆けつけると… #初産リアルレポ 7

【初産リアルレポ 第7話】このマンガを描いているみたんさんの妹・コツママの出産レポです。

陣痛開始から5日が経ったコツママは、赤ちゃんの心音が下がる不安と闘いながらも、夫のTくんと協力して無事に朝を迎えました。今日なら陣痛促進剤を打ってもらえると聞いていたはずが、この日診察を担当する医師に伝わっておらず、さらに自然に様子を見ると告げられます。身の危険を感じたコツママは「促進剤打ってください!」と強く主張し、夫も状況を説明してようやく医師から了承を得られました。

今日が赤ちゃんの誕生日になると言われ、陣痛に耐えるのもあと少しの辛抱だと安心するコツママ。いよいよ出産本番が迫り、緊張してきます。

 

陣痛促進剤を投与。これからが出産本番!

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

 

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

 

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

 

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

※上記の過換気症候群の対処法は、推奨されていない方法です。近年ではまず呼吸のリズムを整え、正常に戻すことが大切だとされています

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

 

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

 

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

初産リアルレポ

 

コツママは陣痛の波を見はからいながら、助産師とともに分娩室へ。陣痛促進剤を打ち、開始15分ほどで立っていられないほどの痛みがやってきました。

 

大好きなディズニーのBGMさえも、このときばかりは聞きたくもないほど余裕がなくなります。1時間も経つと手足がしびれ、宙に浮いた感覚に。夫が助産師さんを呼ぶと、どうやらコツママは過換気症候群になっていたようです。

 

ベッドの柵を握りしめながら痛みに耐えることさらに1時間。子宮口は全開大になり、助産師さんはいつ生まれてもいいようにてきぱきと準備を始めるのでした。

 

陣痛促進剤を打っても、すんなりとは終わらない出産。コツママは気持ちを立て直しながら、そのときを待ちます。そんなコツママの横で、ひっそりとサポート役に徹する夫。痛みはわかちあえなくても、できることを率先してやってくれるとありがたいですよね。

 

監修/助産師 松田玲子

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターみたん

    NAPBIZ公式ブロガー、二児のママ。身の回りで起きた面白い出来事をマンガにしています。 元助産師、元ジャニオタ。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶