赤ちゃんが返事をした!?妊娠後期に感じた不思議な胎動【ママの体験談】

2018/07/01 23:00
13
この記事では、ママが妊娠後期に感じた不思議な胎動について教えてくれました。ママの語りかけに、まるで返事をしているかのようなタイミングで、赤ちゃんがおなかを蹴ってきたのだそうです。

おなかの赤ちゃんに話しかけるママのイメージ

 

妊娠中は、よくおなかの中の赤ちゃんに話しかけていました。なかでもとくに印象深く不思議に感じた胎動があったのは、妊娠後期のこと。そのときのエピソードをご紹介します。

 

初めての胎動は妊娠5カ月で「ぐにゅ~」

長女を妊娠中に初めて胎動を感じたのは、妊娠5カ月を過ぎたときでした。いいお天気だったので外に洗濯物を干していたら、突然おなかの中で何かが「ぐにゅ~」っと動いたのです。

 

今まで感じたことがない、その感覚に動きを止めた私は、まじまじとおなかに視線を落としました。おどろきのあとに湧き上がってきたのは、言葉にできない幸福感。このとき私は初めて、おなかの中の赤ちゃんの存在を胎動によって実感したのです。

 

「しゃっくり」が続いて心配に

妊娠経過が進むにつれて、おなかの中の赤ちゃんの胎動の種類も増えてきました。下腹を手で叩くような動きや、まるでおなかの中で回転しているかのような動きもあります。

 

なかでも気になったのは、「コツ、コツ」という定期的な小さな動きで、調べてみたところ、赤ちゃんが「しゃっくり」をしている胎動とのこと。一時期はあまりに頻繁にしゃっくりをするので心配になり、医師に相談。「心配ない」とのことでホッとひと安心しました。


返事をするみたいにおなかをキック!?

そして妊娠後期のある日、私はいつものように、おなかに手を当てて赤ちゃんに話しかけていました。「赤ちゃんは元気かな?」すると、おなかの上のほうが、ボコッとかなり強い力で蹴りあげられました。

 

「あはは。元気みたいだね」と私が言うと、またボコッと蹴ってきます。「お返事してるの?」「ボコッ!」まるで、私の声に返事をしているかのようなタイミングで、赤ちゃんがおなかの中をキックしてきたのです。

 

 

ただの偶然だったのかもしれませんが、おなかの中の赤ちゃんが返事をしてくれたみたいで、とてもうれしかったことを覚えています。おなかの中の赤ちゃんには、ママの声が聞こえていると言いますから、案外返事をしてくれたのかもしれませんね。


著者:恋瀬たまこ

一男二女の母。商業簿記、珠算、アマチュア無線技士の資格を持つ。自身の経験をもとに妊娠・出産・子育てに関する記事を執筆中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
13

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。