【体験談】転んで歯をぶつけてしまった!わが子は1歳で歯科デビュー

2017/07/24 22:00
6
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
病気・ケガ
病院

 

わが子の歯科デビューは1歳のときでした。転んで歯をぶつけてしまって号泣!口の中は血だらけで、あわてふためいた経験があります。今回は、わが子の歯科デビューの体験談をお伝えします。

 

転んで歯をぶつけて出血!

わが子が歩き始めた1歳ごろ、私が注意して見ていても、激しく転んでしまうことが多々ありました。あるとき、転んでしまい、しっかり手を地面に付くことができず、歯をぶつけてしまったことも。

 

幸い、歯は欠けていませんでしたが、歯茎から血がにじみ出ていました。よだれと血が混ざることで、実際より出血が多く見えたのかもしれません。あせりと不安が一気に押し寄せるなか、急いで歯科へと足を運びました。

 

初めての歯医者にわが子は……

歯科に到着すると、わが子は白衣の先生たちにビビりまくり! 私のひざの上に座らせて、ユニット台へ。先生が「お口を見せてね~」と声をかけるたびにギャン泣きで大騒ぎしました。なんとか診察を終え、歯に異常がないことを確認できました。

 

その後は、出血も治まってひと安心。先生たちは「えらかったね」とたくさんほめてくれたうえに、かわいい消しゴムをプレゼントしてくれて、わが子は大喜びでした。


この日を境に定期的に歯科通院することに

虫歯にならない限り、行く予定がなかった歯科でしたが、この日を境に定期的に通院することに。先生いわく、早いうちから歯科に慣れておくといいそうです。

 

こわいというイメージをなくすほか、定期的にフッ素塗布を行うことで虫歯予防効果が高まることを知りました。まさかの歯科デビューになりましたが、3年が経過した現在も虫歯はゼロ。ケガをしてしまったことはかわいそうでしたが、早めにデビューをしてよかったと感じています。

 

 

わが子を歯科へ連れていくとき、「痛くないよ」「すぐ終わるから」など、変に安心させる言葉はかけないようにしています。実際は痛いとママにだまされたと感じてしまうからです。そのため、処置後にほめることを意識しています。(TEXT:田中由惟)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。