記事サムネイル画像

「私なんかに…」ほぼ無収入の母が家探し!希望条件で借りられる家はある…!? #シンママの家探し 2

「ほぼ無職!シンママ(予定)の家探し」第2話。結婚7年目で離婚を決意した、29歳のまるたおかめさん。ひとまず、小学校1年生の息子・おまめくんと1歳半の娘・こまめちゃんとともに家を出ることを考えます。

家を出るにあたり、実家に移り住むか、家の近くに引っ越すかで悩んでいたおかめさん。しかし実家は、“田舎文化”が色濃く残る地域でした。そのような環境に苦手意識があったおかめさんですが、加えて、過干渉なおかめさんの母親の元でわが子を育てることに、不安な気持ちがありました。

おかめさんは悩んだ末、おまめくんの意見を聞いてみることに。

 

するとおまめくんは、友だちと離れたくない気持ちから「転校は嫌だな……」とひと言。わが子の言葉で、「私だって本当は、家族3人で暮らしたい」とおかめさん自身の気持ちに気付いたのです。

 

子どもたちと3人での生活を決意したおかめさん。しかし、すぐに「まずはお金だよなぁ……」と顔を曇らせ……。

 

離婚に向けた家探しは…

家探し2

 

家探し2

 

家探し2

 

家探し2

 

 

家探し2

 

家探し2

 

家探し2

※訂正:(誤)受給停止→(正)支給停止

 

家探し2

 

 

家探し2

 

わが子と3人での引っ越しを決意したおかめさんは、出版予定の書籍の執筆作業中でした。しかし、原稿料が入るのは書籍が完成してから。仕事をしていても、収入がない状態だったのです。

 

「私なんかに借りられる家があるのか……?」と不安がよぎります。

 

ひとまず、周辺の家賃相場を調べることに。賃貸サイトで希望の条件に合う部屋を検索してみると……。

 

「これは……いけるかも……!?」

 

目を輝かせるおかめさんですが、実は数カ月前、離婚した場合の生活費について調べていました。

 

ひとり親が行政から受けられる支援や、養育費などについて調べ、おおよその家賃を想定。離婚、引っ越しを決意後、希望の条件で物件を検索すると、予算内で家が見つかりそうだったのです。

 

「こっこれは……ついに……めちゃくちゃいいじゃんっ……!」

 

条件にぴったりの物件を見つけたおかめさんは、興奮するのでした。

 

 

実家に住む選択肢もあったおかめさんですが、子どもや自身の心の安定を優先し、子どもと3人での生活を決意しました。数カ月前から生活費について調べていたように、子どもを養っていくためにも、離婚にはお金の問題がついてまわるのではないでしょうか。ひとり親が行政から受けられる支援は、地域によって異なるものもあります。必要になった場合は、しっかりと調べ、適切な支援を受けましょう。

 

>>次の話

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターまるたおかめ

    長男おまめ(2015年7月生まれ)と長女こまめ(2021年2月生まれ)の5歳差兄妹の育児マンガを描いています!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    36 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎