あなたは大丈夫?汗のにおいは食生活が大きく影響する!?

2017/08/12 08:00
汗のにおいが気になり始めたのは産後からです。外食が増え、好きなときにお菓子を食べる。食生活の変化が汗のにおいを悪化させているとは気づきませんでした。昔は現代と違い野菜を中心とした食生活だったので、汗のにおいで悩む人が少なかったのかもしれません。汗の質をよくするには、腸内環境を改善することも大切です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
産後の悩み
マイナートラブル

 

 

筆者には、産後から気になることがあります。それは汗のにおい。ある日、うちわであおいでいると、プ~ンと自分の汗のにおいが漂ってきました。ク……クサイ。私ってこんなににおうの?かなりの衝撃を受けたのでした。今回は、意外と知らなかった汗がにおう原因についてお伝えします。

 

汗のにおいが気になり始めたのは

汗のにおいが気になり始めたのは、産後からです。昼間の外食が増え、好きなときにお菓子を食べる毎日を送っていました。仕事をしていた時期に比べて、不摂生な生活です。

 

においは加齢や体質などさまざまな要因がありますが、「食生活の変化」も汗のにおいに関係するのでは?と感じ始めました。そこでエステを経営する友人に、汗のにおいについて相談をしてみることに。

 

食べものでにおいが変わる?

友人の話によると、汗のにおいが悪化する原因のひとつに「食べもの」が挙げられるそうです。やはりそうだったんだ……と思いました。お肉やインスタント食品、お菓子などを食べ過ぎると、汗のにおいを悪化させてしまうと言っていました。

 

昔は現代と違い、野菜を中心とした食生活。だから汗のにおいで悩む人も少なく、デオドラントなどの商品もなかったのかもしれません。


腸内環境を改善することがカギ!

におい対策にデオドラントなどを使用するのも方法ですが、腸内環境を改善することも大切です。友人に勧められたのが「食物繊維」と「乳酸菌」を摂取すること。食物繊維はご存知のとおり、腸内の不要なものを排出する大切な役割を持っています。

 

乳酸菌は善玉菌を増やしてくれるので、ヨーグルトや納豆などを毎日食べ始めてから、以前より汗のにおいが気にならなくなりました。

 

 

どうしてもお肉中心になりがちな食生活ですが、食べたものが汗のにおいに現れる。そう意識すると、野菜も食べなくては!と気が引き締まります。外食先で和食を注文するなど、小さなことから食生活を見直していきたいです。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。