「苔癬化」って何?子どものひどい肌荒れが治るまで【ママの体験談】

この記事では、赤ちゃんの肌トラブルに関するママの体験談を紹介しています。肌が象のように固くゴワゴワとした状態「苔癬化(たいせんか)」になってしまったお子さんの肌が、3件目の病院を受診したことでやっと改善されるまでの体験談です。

塗り薬のイメージ

 

わが家の長男は、1歳を過ぎたころから肌荒れが目立つようになりました。小児科の薬では改善されず、肌が苔癬化(たいせんか)してしまい、3件目の病院でやっと改善されました。同じ症状で悩む方に向けて、そのときの経験をお伝えしたいと思います。

 

続きを読む

見ているだけでつらい!肌のかゆみ

眠いときや暑いときなど、体温が上がると炎症を起こしている肌がかゆくなることがあります。それは、赤ちゃんだけでなく大人にもいえること。大人は自分でかゆいと訴えることも薬を塗ることもできますが、まだ話せない赤ちゃんがかゆそうにしている姿は見ているだけでかわいそうになりますよね。

 

わが家の長男の場合は、寝ながら手足や頭を掻きむしっては泣いて起きることが多々ありました。かゆくて痛くて眠くて泣いている姿は「もうやめて」というくらい痛々しいものがありました。

 

アレルギー?敏感肌?原因がわからない

かかりつけの小児科で、長男は「乾燥肌・敏感肌」と診断されました。処方された薬で改善と悪化を繰り返していましたが、数カ月後にほとんど効果がなくなり、肌が象のように固くなってきました。

 

アレルギー検査もしましたが、結果は陰性。小児科ではなく皮膚科を受診した際にも同様の結果で薬を処方されましたが、少し改善される程度で肌の固さは変わりませんでした。長男はまだ掻きむしる日々が続いていて、私も原因がわからずにとても悩みました。

 

3件目の病院でやっと改善した!

3件目の皮膚科で「苔癬化(たいせんか)している。これは相当かゆいよ」と言われました。そのとき初めて「苔癬化」という言葉を聞き、炎症が長い間、繰り返し起きた結果であることも知りました。強めのステロイドを処方され、長男の肌は改善されました。

 

その後は苔癬化まで悪化することはありません。小児科と皮膚科では「保湿し続けるしかない」、その次の皮膚科では「強いステロイドでしか治せない」と、同じ症状に対して診断が違っていたことにもとても戸惑いました。

 

 

子どもにステロイドを使用することには賛否あると思います。しかし、私は苔癬化に関して知識がなく、延々と合わない薬をわが子に塗っていたことを後悔しています。つらいかゆみを長引かせて、かわいそうなことをしてしまいました。症状が改善しない場合は、セカンドオピニオンも視野に入れ、なるべく早く治してあげたいですね。


著者:山口美香

自閉症の長男、次男の二児の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP