自分をリセットできる時間に。「天使の寝顔」が持つパワーは無限大!

2017/09/01 23:00
育児経験がないころ、私は自称「子ども好き」でした。赤ちゃんが生まれたら、どれだけかわいいんだろうと夢を見ていたものです。しかし現実は甘くありませんでした。一日中泣く赤ちゃんに疲労困憊。赤ちゃんはかわいいだけではないと知ります。しかし、どんなに疲れていても、唯一わが子がかわいいと思える時間がありました。それは寝顔を見たときでした。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
体験談

 

育児経験がないころ、赤ちゃんを見かけるたびに「かわいい!」と悶絶していたものです。まだ結婚もしていなかった時期。赤ちゃんのいる友人宅へ行き、すすんで赤ちゃんと遊んでいました。そんな私も結婚し、出産。実際の育児とは、どうだったのでしょう。

 

自称「子ども好き」だった私

私は自称「子ども好き」でした。自分に赤ちゃんが生まれたら、わが子はどんなにかわいいのだろう。たくさん抱っこをしてかわいがりたいなど、将来の自分を夢見ていました。

 

そして、結婚をして出産。とうとう私もママデビューを果たしました。初めてわが子を抱いたときは感動しかありません。これから赤ちゃんとの生活が始まることにワクワクで胸が高まりました。

 

赤ちゃんはかわいいだけじゃない

ところが現実は甘くありません。スヤスヤ眠るイメージの赤ちゃんはどこにいるの?というほど、一日中泣く赤ちゃんに疲労困憊です。わが子をかわいがる余裕すらなく、妊娠前の生活に戻りたい!と思ったこともありました。

 

赤ちゃんを抱くことができ、幸せを感じる反面、赤ちゃんはかわいいだけではないと「育児の大変さ」を感じた瞬間でした。


「天使の寝顔」が持つパワーは無限大

どんなに疲れていても、わが子がかわいいと思える時間がありました。それは寝顔を見たときです。「天使の寝顔」とはこのことだと感じました。赤ちゃんの寝顔って、どうしてこんなにかわいいのでしょう。ずっと見ていられるのが不思議です。

 

育児に自信を失いかけていても、「がんばろう」と思えます。寝ているあいだは心に余裕が持てます。自分をリセットするためにも、わが子の寝顔を見つめる時間を大切にしたいと思いました。

 

 

わが子が生まれてすぐに育児の幸せを感じたのは「天使の寝顔」でした。これは6年が経過した今も同じです。わが子の寝顔を見ているだけで、元気が出てきます。そんなかわいい子どもたちの隣で毎日眠れる日々は本当に幸せです。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。